慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K05127seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K05127seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :462.8 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 54

Total downloads since May 17, 2022 : 54
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル アミド基を基盤とした1,3-双極子合成法の開発と応用  
カナ アミドキ オ キバン ト シタ 1,3-ソウキョクシ ゴウセイホウ ノ カイハツ ト オウヨウ  
ローマ字 Amidoki o kiban to shita 1,3-sōkyokushi gōseihō no kaihatsu to ōyō  
別タイトル
名前 Synthesis of 1,3-dipoles from amides  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 隆章  
カナ サトウ, タカアキ  
ローマ字 Satō, Takaaki  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70509926
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は、アミド基を1,3-双極子等価体として利用する合成法の開発に取り組んだ。まず初めに、N-ヒドロキシアミドに対しIr触媒を用いた還元的ニトロン合成と、有機リチウム試薬を用いた求核的ニトロン合成法を開発した。次に、開発した反応を含窒素天然物へ応用し、シリンドリシンCの全合成を達成した。Ir触媒による手法は、アゾメチンイリド合成への展開が可能であり、アスピドスペルミジンの全合成を達成した。
1,3-Dipoles have been widely used as promising intermediates for the synthesis of complex heterocyclic compounds found in biologically active natural products and pharmaceuticals. Therefore, the development of practical methods to generate highly functionalized 1,3-dipoles is an important research topic in the modern organic synthesis. Our research group has proposed that easily available amides can serve as synthetic equivalents of 1,3-dipoles through reduction or nucleophilic addition. In this project, we developed Ir-catalyzed reduction or nucleophilic addition to N-hydroxyamides. The method provided functionalized nitrones, and was successfully applicable to the total synthesis of cylindricine C. The iridium-catalyzed reduction was also applied to the synthesis of functionalized azomethine ylides, which resulted in the total synthesis of aspidospermidine.
 
目次

 
キーワード
有機合成化学  

天然物化学  

アミド基  

求核付加反応  

1,3-双極子  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K05127
研究分野 : 有機化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:39  
作成日
May 17, 2022 13:20:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース