慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K01562seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K01562seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.0 MB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 191

Total downloads since May 17, 2022 : 191
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 非都市部の交通需要の構造推定と新交通システムの可能性に関する基盤研究  
カナ ヒトシブ ノ コウツウ ジュヨウ ノ コウゾウ スイテイ ト シンコウツウ システム ノ カノウセイ ニ カンスル キバン ケンキュウ  
ローマ字 Hitoshibu no kōtsū juyō no kōzō suitei to shinkōtsū shisutemu no kanōsei ni kansuru kiban kenkyū  
別タイトル
名前 Incentive mechanism and structural estimation of demand for car ownership and utilization in non-urbanized areas  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小西, 祥文  
カナ コニシ, ヨシフミ  
ローマ字 Konishi, Yoshifumi  
所属 慶應義塾大学・経済学部 (三田) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40597655
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
所得,交通インフラ,車種ポートフォリオ選好の地理的分布を明示的に考慮した離散連続選択モデルの推定を行い,同モデルが,原始的なRCロジットと比べ,自動車保有・利用需要の地理空間上の分布を極めて良く説明することを明らかにした.2SRI法とCF法を使うことで,離散選択と連続選択における内生問題に対処している.同モデルを使って仮想的政策の効果を推計した結果,炭素税が,エコカー減税施策やエコカーシェア施策よりも効果的である一方,交通インフラの限られた地域への経済負担がより大きくなることが示された.派生プロジェクトとして,燃費規制の技術歪曲効果に関する実証論文を執筆し,トップ・ジャーナルに受理されている.
We empirically characterize how automobile demand varies over geographic space and how it affects the economic consequences of climate mitigation policies. We augment a discrete-continuous choice model in a way that accounts for geographic distribution of income, public transit, and portfolio preferences, and show that our model outperforms a naive random-coefficient model in explaining demand stickiness over geographic space. In particular, the model can resolve two empirical puzzles in Japan: Overall price elasticity of demand for vehicle ownership increases with vehicle size; invariance of demand for hybrid vehicles with respect to public transit density. We also use the estimated model to demonstrate the economic significance of this spatial demand heterogeneity: Eco-car sharing outperforms feebates but underperforms carbon tax; The policy impact declines with a decrease in transit density; The naive model overstates the impact in rural areas whereas understating it in urban areas.
 
目次

 
キーワード
ライドシェア  

非都市部交通  

構造推定  

実証ミクロ経済学  

シェアリング・エコノミー  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K01562
研究分野 : 実証ミクロ経済学,環境経済学,応用計量経済分析
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:38  
作成日
May 17, 2022 13:20:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース