慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K00139seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K00139seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :177.4 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 23

Total downloads since May 17, 2022 : 23
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル グノーシスとモニスムス : ドイツ近代美術の位相  
カナ グノーシス ト モニスムス : ドイツ キンダイ ビジュツ ノ イソウ  
ローマ字 Gunōshisu to monisumusu : Doitsu kindai bijutsu no isō  
別タイトル
名前 Gnosis and monism : modern art movement in Germany  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 前田, 富士男  
カナ マエダ, フジオ  
ローマ字 Maeda, Fujio  
所属 慶應義塾大学・文学部 (三田) ・名誉教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90118836
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ドイツ近代美術(19世紀末~20世紀)は、明確な綱領を持つ芸術家集団(Gruppe, Bund, Verein, Ratほか)の結成・解散を特徴とする。その歴史は、近代社会における共同体/集合体関連の変容や、社会システムや規範の機能主義的分化、また文化の複雑化を映出する。
芸術的価値が多様化し「芸術の終焉のあと」が問われる現在、最重要の論点は「規範とデザイン」にほかならない。本研究は、グノーシス的二元論やモニスムス的一元論を視野におき、造形学校「バウハウス」を主題に、無規範的な多元性という「例外状態」に即して、倫理的なポスト・主体性の制作行為としての革新的なデザイン・芸術概念を構築した。
German modern art(from the end of 19th- to 20th-century) is characterized by the formation and dissolution of many artists groups(Gruppe, Bund, Verein, Rat etc.) with a clear program. Its history reflects the transformation of community/association context in modern societies, the functionalistic fragmentation of social systems and the diversification and complexity of cultures.
At present, when artistic values are diversifying and "after the end of art"(postmodernism) is being asked, the most important issue is nothing but "design". This research focuses on the design school "Bauhaus" with the theme of  "State of Emergency"(C.Schmitt) as non-normative, extralegal state, and based on the Gnostic dualism and the monism of German Monistenbund, in order to interpret  an innovative design/art concept as an ethical production act in the contemporary society.
 
目次

 
キーワード
バウハウス  

コミュニケーション  

デザイン  

想像力  

ポスト・主体性  

規範  

例外状態  

グローピウス  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K00139
研究分野 : 芸術学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:37  
作成日
May 17, 2022 13:20:37  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (510) 1st
2位 実践的推論の合理... (437)
3位 新自由主義に抗す... (425)
4位 統治の思想と実務... (325)
5位 攻撃衝動の体系的... (314)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1557) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (742)
4位 アセトアニリドの... (507)
5位 楽天とアマゾンの... (397)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース