慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18H02812seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18H02812seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :92.8 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 35

Total downloads since May 17, 2022 : 35
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 高脂肪食負荷に伴うT細胞老化の分子機序と制御法の解明  
カナ コウシボウショク フカ ニ トモナウ Tサイボウ ロウカ ノ ブンシ キジョ ト セイギョホウ ノ カイメイ  
ローマ字 Kōshibōshoku fuka ni tomonau Tsaibō rōka no bunshi kijo to seigyohō no kaimei  
別タイトル
名前 Elucidation of the molecular mechanism and regulation of T-cell senescence  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐野, 元昭  
カナ サノ, モトアキ  
ローマ字 Sano, Motoaki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30265798
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
内臓脂肪組織に脂肪が蓄積するとマクロファージを中心とした免疫細胞が浸潤して慢性炎症が生じる。我々は、内臓脂肪組織の慢性炎症には、老化したT細胞から分泌されるオステオポンチンが関与していることを見出した。本研究では、PD-1を標的として老化したT細胞を除去することによって糖代謝が改善することを明らかにした。この方法だと活性化したT細胞も除去することになり好ましくない。オステオポンチンの転写活性の制御こそが治療標的としては重要である。内臓脂肪肥満のみならず心筋梗塞や糖尿病性腎臓病でも観察されるオステオポンチンの転写活性の活性化機序と制御機構を明らかにすることを試みてきた。
Accumulation of fat in visceral adipose tissue causes chronic inflammation due to infiltration of immune cells, mainly macrophages. We have found that osteopontin secreted by senescent T cells is involved in chronic inflammation in visceral adipose tissue. In the present study, we found that removal of senescent T cells by targeting PD-1 (Programmed cell death protein 1) improves glucose metabolism. This method would also remove activated T cells, which is not desirable. Regulation of transcriptional activity of osteopontin is important as a therapeutic target. We have been trying to clarify the mechanism of activation and regulation of the transcriptional activity of osteopontin, which is observed not only in visceral obesity but also in myocardial infarction and diabetic kidney disease.
 
目次

 
キーワード
炎症制御  

線維化制御  

心不全  

慢性腎臓病  

糖尿病  

慢性炎症  

オステオポンチン  

免疫老化  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18H02812
研究分野 : 循環器、糖尿病内分泌代謝内科、免疫学、生化学、分子生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:34  
作成日
May 17, 2022 13:20:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース