慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18H02061seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18H02061seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :489.8 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 396

Total downloads since Nov 14, 2022 : 396
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 近紫外→可視波長変換量子ドットによる太陽電池性能の向上  
カナ キンシガイ→カシ ハチョウ ヘンカン リョウシ ドット ニ ヨル タイヨウ デンチ セイノウ ノ コウジョウ  
ローマ字 Kinshigai -> kashi hachō henkan ryōshi dotto ni yoru taiyō denchi seinō no kōjō  
別タイトル
名前 Improvement of properties of solar cells by quantum dots with the function of UV-visible wavelength conversion  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 磯部, 徹彦  
カナ イソベ, テツヒコ  
ローマ字 Isobe, Tetsuhiko  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30212971

名前 磯, 由樹  
カナ イソ, ヨシキ  
ローマ字 Iso, Yoshiki  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00769705
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
太陽電池モジュールでは、部材を紫外光から保護するために、紫外光吸収剤が使用されているので、波長400 nm以下の分光感度が低下している。紫外光吸収剤の代わりに、紫外光を可視光へ変換できる蛍光体を用いれば、太陽電池モジュールの部材を保護するのと同時に、紫外光に対する太陽電池モジュールの分光感度を向上することができる。本研究では、太陽電池モジュールの分光感度の高い可視光に対して透明であり、劣化の原因となる紫外光を可視光へ変換するコア/シェル型CuInS2/ZnSおよびCuGaS2/ZnS量子ドット蛍光体を開発し、これらの量子ドットの波長変換によって太陽電池モジュールの光電変換効率の向上を検討した。
An ultraviolet light absorber is used in a photovoltaic module to protect its parts from ultraviolet light. As a result, in photovoltaic modules, the spectral sensitivity of wavelengths below 400 nm is reduced. If a phosphor converting ultraviolet light into visible light is used instead of the ultraviolet light absorber, it is possible to protect the photovoltaic module from ultraviolet light and at the same time to improve the spectral sensitivity of the photovoltaic module in ultraviolet range. In this research, we have developed core / shell type CuInS2/ZnS and CuGaS2/ZnS quantum dot phosphors that convert ultraviolet light to visible light and have high transparency to visible light with high spectral sensitivity of photovoltaic modules. We investigated the improvement of photoelectric conversion efficiency of the photovoltaic module by wavelength conversion of these quantum dots.
 
目次

 
キーワード
蛍光体  

量子ドット  

波長変換  

太陽電池  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18H02061
研究分野 : ナノ蛍光体材料
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 10:42:02  
作成日
May 17, 2022 13:20:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1291) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (462)
3位 新自由主義に抗す... (404)
4位 In-vivo kinemati... (315)
5位 石垣島の「エコツ... (280)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (958) 1st
2位 酢酸エステル類の... (599)
3位 文化資本概念の現... (533)
4位 興味が引き起こさ... (511)
5位 インフルエンサー... (479)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース