慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18H00906seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18H00906seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :197.4 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 71

Total downloads since May 17, 2022 : 71
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル インターネット時代の新しい消費者意思決定プロセスの実証研究  
カナ インターネット ジダイ ノ アタラシイ ショウヒシャ イシ ケッテイ プロセス ノ ジッショウ ケンキュウ  
ローマ字 Intānetto jidai no atarashii shōhisha ishi kettei purosesu no jisshō kenkyū  
別タイトル
名前 An empirical study of new consumer decision-making process in the internet age  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 清水, 聰  
カナ シミズ, アキラ  
ローマ字 Shimizu, Akira  
所属 慶應義塾大学・商学部 (三田) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40235643

名前 赤松, 直樹  
カナ アカマツ, ナオキ  
ローマ字 Akamatsu, Naoki  
所属 明治学院大学・経済学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40758801

名前 齊藤, 嘉一  
カナ サイトウ, カイチ  
ローマ字 Saitō, Kaichi  
所属 明治学院大学・経済学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50328671

名前 寺本, 高  
カナ テラモト, タカシ  
ローマ字 Teramoto, Takashi  
所属 横浜国立大学・大学院国際社会科学研究院・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60609915

名前 Inman, Jeffrey  
カナ インマン, ジェフリー  
ローマ字  
所属 ピッツバーグ大学・Katzビジネススクール・教授  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
いくつかの商品について、SNS上の話題が、潜在顧客に対してどの程度の影響力を持つのかを、実験調査した。その結果、まず商品に関しては、商品としてのパフォーマンスが高く、かつSNS上に発信できる何かしらにギミックを持っていること、その商品の良さを本当に理解できる人が発信しているかどうかが次に大事であること、発信した内容に影響を受ける人は、その発信された商品に興味があるだけではなく、発信者が自分との関係が近いと感じさせるものを持っていること、が明らかになった。またその発信された情報によって購入にまで至る人はそれほど多くなく、その他のプロモーションとの組み合わせが大事であることが分かった。
We conducted an experimental study on several products to see how much influence the topics on SNS would have on potential customers. As a result, we found that, first of all, it is important for a product to have a high performance as a product and to have some kind of gimmick that can be transmitted on SNS. It was also revealed that people who are influenced by the contents of the messages are not only interested in the products, but also have a feeling that the sender has a close relationship with them. In addition, it was found that not many people were influenced to purchase the product by the information sent out, and that it was important to combine the information with other promotions
 
目次

 
キーワード
インターネット  

意思決定プロセス  

SNS  

効果測定  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18H00906
研究分野 : マーケティング
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:32  
作成日
May 17, 2022 13:20:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース