慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K19209seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K19209seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.5 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 75

Total downloads since Mar 5, 2021 : 75
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 分子クラウディング環境下における生体分子の機能的構造揺らぎの解析  
カナ ブンシ クラウディング カンキョウカ ニ オケル セイタイ ブンシ ノ キノウテキ コウゾウ ユラギ ノ カイセキ  
ローマ字 Bunshi kuraudingu kankyōka ni okeru seitai bunshi no kinōteki kōzō yuragi no kaiseki  
別タイトル
名前 Visualization of protein dynamics in molecular crowding environment  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 苙口, 友隆  
カナ オログチ, トモタカ  
ローマ字 Oroguchi, Tomotaka  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90589821

名前 杉山, 正明  
カナ スギヤマ, マサアキ  
ローマ字 Sugiyama, Masaaki  
所属 京都大学・原子炉研究所・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10253395

名前 井上, 倫太郎  
カナ イノウエ, リンタロウ  
ローマ字 Inoue, Rintarō  
所属 京都大学・原子炉研究所・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80563840

名前 中村, 敏和  
カナ ナカムラ, トシカズ  
ローマ字 Nakamura, Toshikazu  
所属 分子科学研究所・大学共同利用機関等の部局等・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50245370

名前 浅田, 瑞枝  
カナ アサダ, ミズエ  
ローマ字 Asada, Mizue  
所属 分子科学研究所・大学共同利用機関等の部局等・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30782643

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
細胞内環境は生体分子が混み合った分子クラウディング環境であり、近年、そのような環境下における蛋白質の機能は、従来用いられてきたin vitroの希薄溶液環境下のそれから大きな変調を受けることが指摘されている。分子クラウディング環境下における機能変調メカニズムを明らかにするためには、そのような環境下における蛋白質の構造揺らぎを可視化する必要が有るが、それを可能とする測定手法は存在しない。そこで、本研究においては、分子クラウディング環境下においても目的分子の構造情報のみを得る先端計測手法と、分子動力学シミュレーションを組み合わせた手法の開発を主に理論面から進めた。
The recent studies have shown that protein functions are modulated in molecular crowding environment such as intracellular environment. However, since there are no methods that can visualize protein dynamics in molecular crowding environment, the mechanism of how the environment modulates protein functions is unclear. In our previous studies, we have developed the MD-SAXS method that combines molecular dynamics simulation and solution X-ray scattering experiment, and the method enables us to visualize protein dynamics in dilute solution of in vitro. In this study, we are developing the method that visualizes protein dynamics in molecular crowding environment based on the MD-SAXS method.
 
目次

 
キーワード
分子クラウディング  

蛋白質ダイナミクス  

分子動力学シミュレーション  

溶液中性子散乱  

溶液X線散乱  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究 (萌芽)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K19209
研究分野 : 生物物理
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:34  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース