慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K17031seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K17031seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :492.9 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 210

Total downloads since Oct 31, 2019 : 210
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 骨・骨膜微小血管の解剖学的3次元解析と遊離骨膜弁の開発  
カナ コツ・コツマク ビショウ ケッカン ノ カイボウガクテキ 3ジゲン カイセキ ト ユウリ コツマクベン ノ カイハツ  
ローマ字 Kotsu kotsumaku bishō kekkan no kaibōgakuteki 3jigen kaiseki to yūri kotsumakuben no kaihatsu  
別タイトル
名前 Anatomical three-dimensional analysis of microvascular network in bone and the periosteum and development of free periosteum flap  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山田, 佳緒里  
カナ ヤマダ, カオリ  
ローマ字 Yamada, Kaori  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90772492

名前 矢澤, 真樹  
カナ ヤザワ, マサキ  
ローマ字 Yazawa, Masaki  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 今西, 宣昌  
カナ イマニシ, ノブアキ  
ローマ字 Imanishi, Nobuaki  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 的場, 恵理  
カナ マトバ, エリ  
ローマ字 Matoba, Eri  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
未固定造影屍体を用いて栄養血管柄付骨弁 (主に腓骨弁) を挙上し骨・骨膜への血管の走行を肉眼的、レントゲン撮影、ステレオ撮影で分析した。全11屍体18肢の解剖を行い、それぞれの骨長、穿通枝の数、分枝の有無につき記録した。この結果、腓骨への栄養血管は末梢1/3あたりで枝分かれをしているものが多く、骨の後方への枝分かれするものが前方より優位に多いことがわかった。また、ほとんどの検体で骨髄内を直線的に走行する髄内枝をみとめた。 最終年度にはこの中の1肢を「光超音波トモグラフィー装置」を用いて評価を行い、血管走行の分析結果はレントゲン撮影のものと大きく著変はないものの非侵襲的に3次元分析をすることができた。
Using a fresh cadaver, the vascularized bone flap (mainly free fibula flap) was raised, and the distribution of blood vessels to the bone and periosteum was analyzed by macroscopy, radiography, and stereography. A total of 18 limbs from 11 cadavers were dissected, and length of bone, the number of perforators, and the presence or absence of branches were recorded. As a result, it was found that the feeding blood vessels to the fibula bone are often branched around the distal 1/3, and the branches that supply to the posterior side of the bone are more dominant than the superior side. In addition, in most of the limbs, the intramedullary branches running straight in the bone. In the final year, one of the limbs was be evaluated using the “Photoacoustic imaging”, and the analysis results of vascular architecture are not significantly different from those of X-ray imaging, but it was possible to perform three-dimensional analysis noninvasively.
 
目次

 
キーワード
新鮮屍体血管造影法  

骨・骨膜微小血管解剖  

3次元血管解剖  

遊離骨弁  

遊離腓骨弁  

遊離骨膜弁  

偽関節  

骨切り  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K17031
研究分野 : 形成外科一般
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:43:50  
作成日
Oct 31, 2019 11:10:58  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース