慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K16482seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K16482seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :199.7 KB
Last updated :Nov 15, 2022
Downloads : 472

Total downloads since Nov 15, 2022 : 472
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 立位胸部CTの検査法の確立と胸部疾患に対する立位CTの臨床的有用性の検討  
カナ リツイ キョウブ CT ノ ケンサホウ ノ カクリツ ト キョウブ シッカン ニ タイスル リツイ CT ノ リンショウテキ ユウヨウセイ ノ ケントウ  
ローマ字 Ritsui kyōbu CT no kensahō no kakuritsu to kyōbu shikkan ni taisuru ritsui CT no rinshōteki yūyōsei no kentō  
別タイトル
名前 Establishment of the method for chest upright CT examination and evaluation of the clinical usefulness of upright CT for chest diseases  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山田, 祥岳  
カナ ヤマダ, ヨシタケ  
ローマ字 Yamada, Yoshitake  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60383791

名前 陣崎, 雅弘  
カナ ジンザキ, マサヒロ  
ローマ字 Jinzaki, Masahiro  
所属 慶應義塾大学・放射線科 (診断) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80216259
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
新たな診断機器である立位 (座位) 胸部CTが、日常臨床検査として施行可能であることを確認した。
無症状ボランティアにおいて、臥位と比較して立位で、両側全肺体積・両側肺上葉体積・両側肺下葉体積は有意に大きく、さらに肺下葉においてその違いが大きいことが明らかとなった。一方で右肺中葉は、臥位と立位で体積が変わらないことが分かった。慢性閉塞性肺疾患においては、肺上葉・下葉については立位の方が臥位より体積が大きい一方、中葉については立位の方が臥位より体積が小さいことが明らかとなった。
また、立位CTでの全肺体積は、臥位CTでの全肺体積と比較して、呼吸機能検査での全肺気量の値に、より近いことが明らかとなった。
We confirmed that chest upright CT can be used in routine clinical practice. 
In asymptomatic volunteer cohort, while the inspiratory volumes of the bilateral upper and lower lobes and bilateral lungs were significantly greater in the standing than in the supine position, with lower lobes showing larger changes, the right middle lobe volume did not change significantly between positions. In patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD), whereas the inspiratory volumes of the bilateral upper and lower lobes and bilateral lungs were significantly greater in the standing position than in the supine position, the right middle lobe volume was significantly lower in the standing position than in the supine position. 
The total lung volume on upright CT in the standing position was more similar to total lung capacity on pulmonary function test than that in the supine position in both asymptomatic volunteer and COPD cohorts.
 
目次

 
キーワード
CT  

computed tomography  

立位  

座位  

呼吸器  

胸部  

肺  

循環器  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究 (B)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K16482
研究分野 : 放射線科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 15, 2022 09:49:12  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
Nov 15, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (488) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (441)
3位 新自由主義に抗す... (365)
4位 ガールクラッシュ... (276)
5位 石垣島の「エコツ... (264)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (764) 1st
2位 酢酸エステル類の... (592)
3位 インフルエンサー... (527)
4位 アルコール発酵の... (502)
5位 アーカイヴと思考... (460)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース