慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K15835seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K15835seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :291.7 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 10

Total downloads since Mar 5, 2021 : 10
 
タイトル
タイトル 小児環境疫学研究へのライフコースアプローチの適用  
カナ ショウニ カンキョウ エキガク ケンキュウ エノ ライフ コース アプローチ ノ テキヨウ  
ローマ字 Shōni kankyō ekigaku kenkyū eno raifu kōsu apurōchi no tekiyō  
別タイトル
名前 Development life course approach to birth cohort study  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 竹内, 文乃  
カナ タケウチ, アヤノ  
ローマ字 Takeuchi, Ayano  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80511196
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は、環境化学物質のように、単一のリスク因子としての健康影響は小さいが、複合的な曝露や、人のライフコースにおける特定の時期 (胎児期乳幼児期等) の曝露が問題となるようなリスク因子を対象とした疫学研究において、曝露状況が経時的に変化するような状況に対応する統計モデルを整理し、実データに適用することを目的として実施された。
本研究では、1700名程度の出生コホートデータ (子どもの成長発達を胎児期から追跡する疫学調査) に対して同時モデルや条件付モデルを適用し、経時的に変化する曝露状況が対象児が5歳の段階でのアレルギー疾患発症有無に対して、様々な交絡因子を調整した上でどう影響するかを評価した。
In this study, I targeted environmental factors or environmental chemicals that had small health effects as a single risk factor but large health effects as a composite effect.Such risk factors often cause health problems when exposed at a specific time window(fetal period, infant period, etc.) in life course of human. This study was conducted for the purpose of organizing a statistical model corresponding to situations in which the exposure status changes over time and applying it to birth cohort data. 
In this study, I applied joint model and conditional model to the birth cohort data with about 1700 children (follow growth and development of children from the fetal period). I evaluated influence of environmental factors on the presence or absence of allergic diseases at the age of age adjusted by various confounding factors.
 
目次

 
キーワード
疫学統計  

ライフコース疫学  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究 (B)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K15835
研究分野 : 環境疫学統計
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:32  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (1010) 1st
2位 アイドル文化にお... (463)
3位 ジャニーズのアイ... (432)
4位 新自由主義に抗す... (396)
5位 ASMRに基づく身体... (391)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 国内排出権取引市... (4185) 1st
2位 仮想通貨交換業者... (3272)
3位 第2帰納定理の応... (2620)
4位 The Syntactic Bu... (2553)
5位 カール大帝による... (2261)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース