慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K15734seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K15734seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :307.7 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 1550

Total downloads since May 17, 2022 : 1550
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 腸内細菌が産生する酪酸による関節リウマチ抑制メカニズムの解明  
カナ チョウナイ サイキン ガ サンセイスル ラクサン ニ ヨル カンセツ リウマチ ヨクセイ メカニズム ノ カイメイ  
ローマ字 Chōnai saikin ga sanseisuru rakusan ni yoru kansetsu riumachi yokusei mekanizumu no kaimei  
別タイトル
名前 Microbiota-derived butyrate limits the autoimmune response by promoting the differentiation of follicular regulatory T cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 大輔  
カナ タカハシ, ダイスケ  
ローマ字 Takahashi, Daisuke  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40612130
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、発症初期の未治療の関節リウマチ患者の腸管内において、腸内細菌が食物繊維を資化して産生する短鎖脂肪酸の1つである酪酸が顕著に低いことを明らかにした。さらに、酪酸がマウスの自己免疫性関節リウマチモデルの発症を抑制することを見出した。酪酸は、濾胞制御性T細胞数を増加させ、関節炎の発症に必要な自己抗体の産生を抑制していた。さらに、新規に濾胞制御性T細胞培養系を開発し、酪酸による濾胞制御性T細胞の分化誘導メカニズムを検証した。その結果、酪酸はそのヒストン脱アセチル化酵素阻害作用を介して、分化に重要な転写抑制因子Bcl-6の発現を誘導することでその分化を促進していることを明らかにした。
We found that butyrate, one of the short-chain fatty acids produced by the gut commensal bacteria, significantly decreased in the intestinal tract of the early stages untreated rheumatoid arthritis patients compared to healthy people. Furthermore, we found that the treatment of the butyrate diet mitigated the development of an autoimmune rheumatoid arthritis model in mice. Butyrate increased the number of follicular regulatory T cells and suppressed the production of autoantibodies required for the development of arthritis. Moreover, we developed a new follicular regulatory T cell culture system and examined the mechanism of induction of follicular regulatory T cell differentiation by butyrate. Using the culture system, we found that butyrate promotes the differentiation of follicular regulatory T cells by inducing the expression of the transcriptional repressor Bcl-6, which is essential for the differentiation through its histone deacetylase inhibitory action.
 
目次

 
キーワード
酪酸  

濾胞制御性T細胞数  

間接リウマチ  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究 (B)
研究期間 : 2017~2020
課題番号 : 17K15734
研究分野 : 免疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:32  
作成日
May 17, 2022 13:20:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース