慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K15324seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K15324seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :769.0 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 244

Total downloads since Mar 5, 2021 : 244
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ヒトデ幼生のマクロファージ遊走阻止因子による炎症制御機構の解明  
カナ ヒトデ ヨウセイ ノ マクロファージ ユウソウ ソシ インシ ニ ヨル エンショウ セイギョ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Hitode yōsei no makurofāji yūsō soshi inshi ni yoru enshō seigyo kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Regulatory system of inflammation by two macrophage migration inhibitory factors in starfish larvae  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 古川, 亮平  
カナ フルカワ, リョウヘイ  
ローマ字 Furukawa, Ryōhei  
所属 慶應義塾大学・文学部 (日吉) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90458951
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、系統進化的に最も原始的なサイトカインの一つと考えられているマクロファージ遊走阻止因子 (MIF)に着目し、ヒトデ幼生の免疫細胞が発現する2種のMIF (ApMIF1およびApMIF2) に対する受容体と、その下流に存在する細胞内シグナルを探索した。2種のリコンビナントMIFで処理したヒトデ幼生の免疫細胞におけるRNA-seq解析の結果、MIFの下流ではMAPKおよびPI3K/Aktシグナル経路が存在することが示唆された。さらに、受容体候補として2種のGタンパク質共役型と、2種の受容体型チロシンキナーゼが得られた。
Macrophage migration inhibitory factor (MIF) is thought to be one of the most primitive cytokines in phylogenetic evolution. In this study, to understand the regulatory system of inflammation by MIF in starfish larvae, we searched the receptor(s) of two types of MIF (ApMIF1 and ApMIF2) and the downstream signaling pathway(s) from the immune cells. RNA-seq analysis in the larval immune cells treated with two recombinant MIFs suggested that MAPK and PI3K/Akt signaling pathways exist downstream of MIFs. Furthermore, two types of G protein-coupled receptors and two types of receptor tyrosine kinases were obtained as receptor candidates. These results provide useful insights for understanding the evolutionary conservation and diversity of regulatory system of MIF-mediated inflammation.
 
目次

 
キーワード
棘皮動物ヒトデ  

幼生  

間充織細胞  

炎症制御  

マクロファージ遊走阻止因子  

トランスクリプトーム解析  

シグナル伝達  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究 (B)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K15324
研究分野 : 比較免疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:31  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:31  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (466) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (355)
3位 慶應義塾図書館史... (333)
4位 M&Aにおける... (318)
5位 認知文法から考え... (312)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 医療用呼吸温湿度... (723) 1st
2位 A study on the s... (391)
3位 新参ファンと古参... (340)
4位 非上場株式の評価... (258)
5位 新自由主義に抗す... (245)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース