慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K13067seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K13067seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :276.3 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 182

Total downloads since Oct 31, 2019 : 182
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル リハビリテーションは運動野におけるミクロ機能シフトを効率化するか  
カナ リハビリテーション ワ ウンドウヤ ニ オケル ミクロ キノウ シフト オ コウリツカスル カ  
ローマ字 Rihabiritēshon wa undōya ni okeru mikuro kinō shifuto o kōritsukasuru ka  
別タイトル
名前 Verification of the effects of rehabilitation on neural circuit reorganization in motor cortex  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 近藤, 崇弘  
カナ コンドウ, タカヒロ  
ローマ字 Kondō, Takahiro  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70759886

名前 牛場, 潤一  
カナ ウシバ, ジュンイチ  
ローマ字 Ushiba, Jun'ichi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ラット両側皮質脊髄路損傷モデルに対し神経細胞活動の可塑性を検証したところ、運動野において208 ± 7.2個の神経細胞活動を記録できた(n=3)。上肢の到達運動を行なう際のラット運動野の神経活動を記録したところ、12.7個(6.1%)の細胞が到達運動に関連して活動することが確認された。これらの神経細胞は、脊髄損傷1-2週後では到達運動に関連する細胞が減少し、その後上昇することが確認された。マーモセ ット運動野においても同様に、皮質脊髄路損傷の損傷前、損傷直後(麻痺)、回復期において動員される神経細胞が変化することが確認された。
The plasticity of neuronal activity was examined in a rat corticospinal tract injury model. 208 ± 7.2 neuronal activities were recorded in the motor cortex. Neural activity in the rat motor cortex during arm reaching movements was recorded, and 12.7 cells (6.1%) were found to be active in association with reaching movements. It was confirmed that the number of these nerve cells related to reaching movement decreased 1 -2 weeks after injury and increased thereafter. Similarly, in the marmoset motor area, it was confirmed that neurons mobilized before, immediately after (paralysis), and during recovery from corticospinal tract injury changed.
 
目次

 
キーワード
マーモセット  

カルシウムイメージング  

脊髄損傷  

運動制御  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K13067
研究分野 : 神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:40:27  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース