慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K11251seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K11251seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :470.9 KB
Last updated :Nov 15, 2022
Downloads : 174

Total downloads since Nov 15, 2022 : 174
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ヒト着床期子宮内膜上皮細胞層の破壊/再構築機序の解明  
カナ ヒト チャクショウキ シキュウ ナイマク ジョウヒ サイボウソウ ノ ハカイ/サイコウチク キジョ ノ カイメイ  
ローマ字 Hito chakushōki shikyū naimaku jōhi saibōsō no hakai/saikōchiku kijo no kaimei  
別タイトル
名前 Analysis of reconstruction mechanism of endometrial epithelial cell sheet during human implantation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 日原, 華子  
カナ ヒハラ, ハナコ  
ローマ字 Hihara, Hanako  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80626458

名前 丸山, 哲夫  
カナ マルヤマ, テツオ  
ローマ字 Maruyama, Tetsuo  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10209702

名前 内田, 浩  
カナ ウチダ, ヒロシ  
ローマ字 Uchida, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90286534

名前 升田, 博隆  
カナ マスダ, ヒロタカ  
ローマ字 Masuda, Hirotaka  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師 (非常勤)  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80317198

名前 内田, 明花  
カナ ウチダ, サヤカ  
ローマ字 Uchida, Sayaka  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60445236
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ヒト着床は胚の接着以降、子宮内膜上皮細胞、間質細胞の細胞集団としての特異な細胞動態を必要としている。すなわち胚が子宮内膜間質層にまで到達するためには、本来外来物からのバリアとして機能する子宮内膜上皮細胞層を外来物である胚が通過しなくてはならない。これまでそのメカニズムは子宮内膜上皮細胞層の細胞死によるものとされてきたが、今回の一連の解析によって、細胞死に加えて子宮内膜上皮細胞群の、胚接着ポイントから遠心性の特異な細胞運動に支持されていることが明らかとなった。またこの特異な細胞集団運動は卵巣ステロイドホルモンや一部の特殊薬剤によって制御されうることがあわせて明らかとなった。
During human implantation, embryo have to adhere and migrate into maternal endometrial tissue. For successful pregnancy, construction of embryo-penetrating route in endometrial epithelial cell barrier is required. In in vitro implantation assay system, the unique and reasonable preparation of embryo-penetrating route is performed by massive efferent motion of endometrial epithelial cells in association with endometrial epithelial cell apoptosis. The characteristic efferent cell motion is regulated by ovarian steroid hormones and can be accelerated by a kind of histone deacetylase inhibitors. Moreover, the acceleration ratio is higher in cells near the embryo attachment point compared to cells far from the central point.
 
目次

 
キーワード
着床  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K11251
研究分野 : 生殖医学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 15, 2022 09:42:27  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:41  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
Nov 15, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース