慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K10492seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K10492seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :200.2 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 100

Total downloads since Mar 5, 2021 : 100
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 低線量照射における放射線超感受性を用いた低侵襲がん治療戦略の開発 : 膠芽腫での検討  
カナ テイセンリョウ ショウシャ ニ オケル ホウシャセン チョウカンジュセイ オ モチイタ テイシンシュウ ガン チリョウ センリャク ノ カイハツ : コウガシュ デノ ケントウ  
ローマ字 Teisenryō shōsha ni okeru hōshasen chōkanjusei o mochiita teishinshū gan chiryō senryaku no kaihatsu : kōgashu deno kentō  
別タイトル
名前 Minimally invasive cancer treatment strategy using hyper-radiosensitivity in low-dose repeat irradiation : a glioblastoma study  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 深田, 淳一  
カナ フカダ, ジュンイチ  
ローマ字 Fukada, Jun'ichi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50338159

名前 公田, 龍一  
カナ コウタ, リュウイチ  
ローマ字 Kōta, Ryūichi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00464834

名前 小池, 直義  
カナ コイケ, ナオヨシ  
ローマ字 Koike, Naoyoshi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60464913

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
難治性の悪性腫瘍である膠芽腫に対する治療法として低線量照射における放射線超感受性に着眼した。膠芽腫細胞に対する低線量照射のインターバルとして30分間隔が反応良好であった。その原因として照射後の細胞周期を経時的に観察したところ、約5時間程度で変化が著明であった。反復照射中に放射線感受性の高い細胞周期への移動を生じていることが反応良好である理由であり、反復照射が有効な治療法と結論付けた。
We focused on hyper-radiosensitivity at low dose irradiation as a treatment for glioblastoma, a refractory malignant tumor. Thirty-minute intervals showed a good response for a low-dose irradiation interval compared to other shorter intervals in several malignant glioma cell lines. We performed cell cycle observation after irradiation at several time course. The change was not significant in 30 minutes and 3hours but remarkable in about 5 hours. The most prominent foci fluorescence due to DBA damage repair was observed in the cells collected 30 minutes after irradiation but the difference in foci number between single and repeated irradiation was unclear. It was difficult to sort M-phase cells by the shake-off method. The cell ratio of M phase by irradiation was measured by immunostaining. We conclude that repeated irradiation is an effective treatment because the reaction is good because it causes migration to the cell cycle that is radiosensitive during repeated irradiation.
 
目次

 
キーワード
Glioma  

放射線感受性  

細胞周期  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K10492
研究分野 : 放射線治療
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:39  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (315) 1st
2位 新自由主義に抗す... (287)
3位 DAOの法的地位と... (278)
4位 「余白的コミュニ... (257)
5位 個人・組織両面で... (238)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3467) 1st
2位 なぜ神が存在する... (621)
3位 気象変化による片... (589)
4位 サイバーセキュリ... (493)
5位 中国古代の動物観... (314)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース