慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K09940seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K09940seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :105.1 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 39

Total downloads since Mar 5, 2021 : 39
 
タイトル
タイトル ハイリスク造血器腫瘍の髄外病変に着目した新規ターゲットの探索と創薬研究  
カナ ハイリスク ゾウケツキ シュヨウ ノ ズイガイ ビョウヘン ニ チャクモクシタ シンキ ターゲット ノ タンサク ト ソウヤク ケンキュウ  
ローマ字 Hairisuku zōketsuki shuyō no zuigai byōhen ni chakumokushita shinki tāgetto no tansaku to sōyaku kenkyū  
別タイトル
名前 Molecular analysis and drug discovery targeting extramedullary disease in high-risk multiple myeloma  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 服部, 豊  
カナ ハットリ, ユタカ  
ローマ字 Hattori, Yutaka  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20189575

名前 木内, 文之  
カナ キウチ, フミユキ  
ローマ字 Kiuchi, Fumiyuki  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60161402

名前 山田, 健人  
カナ ヤマダ, タケト  
ローマ字 Yamada, Taketo  
所属 埼玉医科大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60230463

名前 柳川, 弘志  
カナ ヤナガワ, ヒロシ  
ローマ字 Yanagawa, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・薬学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40327672

名前 須藤, 豊  
カナ ストウ, ユタカ  
ローマ字 Sutō, Yutaka  
所属 高崎健康福祉大学・有機合成化学・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究ではリプログラミング遺伝子Oct4が多発性骨髄腫細胞に過剰発現することを見出し、その強制発現細胞を樹立して下流シグナルの変化を検索した。Oct4強制発現細胞では間葉系遺伝子発現が増強しEMT様現象を誘導すること、MRP1トランスポーターが過剰発現し薬剤耐性化に関わることがわかった。
新規フタルイミド体TC11の最適化体PEG-TC11を開発し、in vivoにおける薬物動態と抗骨髄腫作用を確認した。PEG-TCは、サリドマイド類の標的分子cereblonには結合せず、α-tubulin、nucleophosmin -1に結合しp53非依存的にG2/M arrestを引き起こした。
In this project, we found overexpression of Oct4 gene in multiple myeloma (MM) cells and also established Oct4-overexpresed MM cell lines. In the overexpressed cells, expression of mesenchymal genes such as Snail was increased, and the EMT-like morphological change was observed. Expression of MRP1 transporter proteins was also increased, and Oct-4-overexpressed cells obtained the resistance to various anti-MM drugs. 
We have also developed a novel phthalimide, TC11, and its optimized form, PEG-TC11. PEG-TC11 revealed strong growth inhibitory effects to MM cells in mice xenograft model. Even though TC11 and PEG-TC11 have structural similarity to thalidomide, they did not associated with the thalidomide-binding protein, cereblon, but with α-tubulin and nucleophosmin-1. By binding to α-tubulin and nucleophosmin-1, PEG-TC11 induced G2/M arrest without involvement of p53 and caused apoptosis of high-risk MM cells with p53 deletion.
 
目次

 
キーワード
多発性骨髄腫  

リプログラミング遺伝子  

上皮間葉系移行  

薬剤耐性  

フタル酸  

TC11  

G2/M細胞周期停止  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K09940
研究分野 : 血液内科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:39  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 組織市民行動が成... (9314) 1st
2位 もしも世界がみん... (1356)
3位 人びとはどのよう... (380)
4位 ドイツのSNS対策... (357)
5位 伊藤隆太君学位請... (354)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 組織市民行動が成... (6971) 1st
2位 アセトアニリドの... (1377)
3位 中和滴定と酸塩基... (591)
4位 アルコール発酵の... (505)
5位 Instagram解析に... (432)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース