慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K09784seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K09784seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :198.7 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 304

Total downloads since Mar 5, 2021 : 304
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 壊死性ミオパチーに関連する自己抗体の病態機序の解明と臨床応用に向けて  
カナ エシセイ ミオパチー ニ カンレンスル ジコ コウタイ ノ ビョウタイ キジョ ノ カイメイ ト リンショウ オウヨウ ニ ムケテ  
ローマ字 Eshisei miopachī ni kanrensuru jiko kōtai no byōtai kijo no kaimei to rinshō ōyō ni mukete  
別タイトル
名前 Autoantibodies associated with immune-mediated necrotizing myopathy : pathogenesis and clinical implication  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鈴木, 重明  
カナ スズキ, シゲアキ  
ローマ字 Suzuki, Shigeaki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50276242
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
炎症性筋疾患 (筋炎) は免疫学的機序により筋線維が障害される疾患の総称である.「筋炎の統合的診断研究」は,筋病理診断を基にした筋炎のデータベースであり,症例登録数は800例を超える.筋病理では多発筋炎と皮膚筋炎は別々の病態機序を背景とした異なる疾患である.炎症細胞浸潤をほとんど認めず,筋線維の壊死・再生所見が特徴的な筋病理所見に基づいた免疫介在性壊死性ミオパチー (immune-mediated necrotizing myopathy, IMNM) やアミノアシルtRNA合成酵素に対する自己抗体が陽性となる抗合成酵素症候群について,臨床像,筋病理,自己抗体の立場から固有の病型として確立した.
Inflammatory myopathies are a heterogeneous group of immune-mediated diseases that involve skeletal muscle as well as many other organs. In addition to a histological diagnosis at muscle biopsy, the clinical phenotypes of inflammatory myopathies can be defined by various autoantibodies that are originally detected by RNA or protein immunoprecipitation. Immune-mediated necrotizing myopathy (IMNM), characterized by significant necrotic and regeneration muscle fibers with minimal or no inflammatory cell infiltration, is associated with the presence of autoantibodies. IMNM is now classified as a distinct category of inflammatory myopathies. We divided autoantibodies into three groups: those associated with IMNM, those against aminoacyl transfer RNA synthetase, and those associated with dermatomyositis. The screening of autoantibodies has clinical relevance for managing patients with inflammatory myopathies.
 
目次

 
キーワード
自己抗体  

炎症性筋疾患  

免疫介在性壊死性ミオパチー  

抗SRP抗体  

抗HMGCR抗体  

抗合成酵素症候群  

抗ARS抗体  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K09784
研究分野 : 神経内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:39  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (609) 1st
2位 実践的推論の合理... (449)
3位 新自由主義に抗す... (444)
4位 統治の思想と実務... (395)
5位 Brain Tech guide... (316)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1163) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (846)
3位 独ソ不可侵条約と... (775)
4位 アセトアニリドの... (602)
5位 インフルエンサー... (390)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース