慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K09667seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K09667seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :286.8 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 30

Total downloads since Mar 5, 2021 : 30
 
タイトル
タイトル 難治性あるいは希少肺癌克服のための肺癌基礎研究臨床応用システムの構築  
カナ ナンチセイ アルイワ キショウ ハイガン コクフク ノ タメ ノ ハイガン キソ ケンキュウ リンショウ オウヨウ システム ノ コウチク  
ローマ字 Nanchisei aruiwa kishō haigan kokufuku no tame no haigan kiso kenkyū rinshō ōyō shisutemu no kōchiku  
別タイトル
名前 Development of translational research system to overcome refractory or rare lung cancer  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 安田, 浩之  
カナ ヤスダ, ヒロユキ  
ローマ字 Yasuda, Hiroyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70365261
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
肺癌は癌死因一位の予後不良の疾患である。近年の分子生物学的解析により肺癌の遺伝子変異などが明らかになり新規治療法開発から肺癌患者の予後は改善しつつある。しかし、それら新規治療法をもってしても進行肺癌患者の多くは診断から数年のうちに肺癌の進行によって死亡する。今後さらに肺癌患者の予後を改善するには、臨床を反映する肺癌の分子生物学的理解が必須である。本研究では難治性あるいは希少な肺癌を克服するためのトランスレーショナル研究システムの構築を行った。具体的には、患者毎に薬剤への耐性化機序を明らかにするとともに、稀な遺伝子変異を有する肺癌に対する新たな治療戦略の開発を行った。
Lung cancer is a leading cause of cancer related-deaths worldwide. Recent molecular characterizations of lung cancer contributed to the improvement of lung cancer patients. However, most advanced lung cancer patients die of lung cancer in several years. To improve the prognosis of lung cancer patients, further characterization of lung cancer is essential at a clinically relevant level. To this end, in this study, we aimed to develop a translational research system to overcome refractory or rare lung cancer. We developed a system to clarify the mechanisms of resistance to molecular target inhibitors in each patient. In addition, we have developed an in silico system to predict the drug sensitivity to molecular target inhibotrs for lung cancer patients harboring rare driver oncogene mutations. These findings will facilitate the improvement of precison medicine approaches in lung cancer.
 
目次

 
キーワード
肺癌  

臨床検体  

難治性肺癌  

希少肺癌  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K09667
研究分野 : 肺癌
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:38  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (506) 1st
2位 越境するファシズ... (497)
3位 ドイツのSNS対策... (470)
4位 アルコール発酵の... (431)
5位 日本における小売... (386)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (960) 1st
2位 刑法における因果... (874)
3位 Consumption of i... (771)
4位 家族主義と個人主... (584)
5位 Instagram解析に... (583)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース