慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K08481seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K08481seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :244.9 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 12

Total downloads since Mar 5, 2021 : 12
 
タイトル
タイトル 震災特有疾患に対する一酸化炭素結合型ヘモグロビン小胞体の医薬品としての有用性評価  
カナ シンサイ トクユウ シッカン ニ タイスル イッサンカ タンソ ケツゴウガタ ヘモグロビン ショウホウタイ ノ イヤクヒン トシテノ ユウヨウセイ ヒョウカ  
ローマ字 Shinsai tokuyū shikkan ni taisuru issanka tanso ketsugōgata hemogurobin shōhōtai no iyakuhin toshiteno yūyōsei hyōka  
別タイトル
名前 Therapeutic effects of carbon monoxide-bound Hemoglobin-vesicles against disaster-related syndorme  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田口, 和明  
カナ タグチ, カズアキ  
ローマ字 Taguchi, Kazuaki  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90621912
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、ヘモグロビンを基盤とした一酸化炭素 (CO) 供与体 (CO結合型ヘモグロビン小胞体及びCO結合型赤血球) が震災時に多発するクラッシュ・シンドロームとそれに続発する急性腎傷害に対する治療効果と作用機序を検討した。その結果、CO供与体はクラッシュ・シンドロームに対して高い治療効果 (生存期間の延長、腎傷害の抑制) を示した。また、CO供与体はヘムタンパク質 (ミオグロビンやチトクロームP450) を介した腎臓の酸化傷害を抑制することで、急性腎傷害に対して保護効果を発揮したと考えられた。以上より、CO供与体はクラッシュ・シンドロームの治療薬として高いポテンシャルを有すると考えられた。
In this study, I examined the therapeutic performance of hemoglobin-based carbon monoxide (CO) donor, CO-bound hemoglobin-vesicles and CO-bound red blood cells, against disaster-related disorders with focus on acute kidney injury (AKI) induced by crush syndrome. A single administration of CO donors was found to effectively suppress the pathogenesis of AKI with the mortality in crush syndrome model rats being improved. In addition, CO donors were found to have renoprotective effects via the suppression of subsequent heme protein (myoglobin and cytochrome P450)-associated renal oxidative injury. These findings suggest that these CO donors have the potential for use as a novel therapy against crush syndrome-induced AKI.
 
目次

 
キーワード
ヘモグロビン  

リポソーム  

急性腎傷害  

赤血球  

クラッシュ・シンドローム  

一酸化炭素  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K08481
研究分野 : 医療薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:37  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:37  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (1010) 1st
2位 アイドル文化にお... (463)
3位 ジャニーズのアイ... (432)
4位 新自由主義に抗す... (396)
5位 ASMRに基づく身体... (391)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 国内排出権取引市... (4185) 1st
2位 仮想通貨交換業者... (3272)
3位 第2帰納定理の応... (2620)
4位 The Syntactic Bu... (2553)
5位 カール大帝による... (2261)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース