慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K06439seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K06439seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :358.7 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 211

Total downloads since Mar 5, 2021 : 211
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 位相情報を用いた物体認識のための高精度位置・姿勢推定に関する研究  
カナ イソウ ジョウホウ オ モチイタ ブッタイ ニンシキ ノ タメ ノ コウセイド イチ・シセイ スイテイ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Isō jōhō o mochiita buttai ninshiki no tame no kōseido ichi shisei suitei ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 High accuracy position and pose estimation for object recognition using phase information  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 池原, 雅章  
カナ イケハラ, マサアキ  
ローマ字 Ikehara, Masaaki  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00212796
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
物体検出とは、対象物体を認識し、高精度な位置・姿勢推定を行うことである。この技術は産業における自動生産ラインやロボットビジョンにおいて非常に重要である。動画像符号化におけるシフト量推定やステレオビジョン等、その応用は広範囲である。本研究課題では、位相情報を用いて、対象物体の高精度なサブピクセル精度の位置・姿勢推定を行うことを目的とした。位置的精度を追求する研究は少ないが、従来法と比較して1桁以上高い精度の推定が可能になったのみならず、一次元処理を基本とするため超高速な推定が可能になった。本研究により画像処理分野のみならず、産業応用上極めて経済効果の高い成果が期待できる。
Rotation and scale estimation of images are fundamental tasks in image registration. The conventional estimation method uses log-polar transform and 1D shift estimation to estimate rotation and scale regardless of the shift of images. However, this transform requires interpolation of the frequency components, which causes estimation error. We propose a rotation and scale estimation algorithm based on the Radon transform and sub-pixel shift estimation. The Radon transform can estimate the rotation independent of the shift and can reduce the influence of interpolation error. In addition, sub-pixel shift estimation using a linear approximation of the phase component improves the precision of 1D shift estimation and achieves accurate rotation estimation. The proposed method was evaluated on test images, and the results demonstrate that the proposed method has higher accuracy compared with the log-polar transform.
 
目次

 
キーワード
物体検出  

姿勢推定  

サブピクセル精度  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K06439
研究分野 : 信号処理、画像処理
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:36  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:36  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース