慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K05435seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K05435seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :235.4 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 133

Total downloads since Nov 14, 2022 : 133
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル チャーム・ボトムハドロン分子/原子核の解明に向けた重いハドロン有効相互作用の構築  
カナ チャーム・ボトム ハドロン ブンシ/ゲンシカク ノ カイメイ ニ ムケタ オモイ ハドロン ユウコウ ソウゴ サヨウ ノ コウチク  
ローマ字 Chāmu botomu hadoron bunshi/genshikaku no kaimei ni muketa omoi hadoron yūkō sōgo sayō no kōchiku  
別タイトル
名前 Effective interactions of heavy hadrons for charm and bottom hadronic molecules and nuclei  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 安井, 繁宏  
カナ ヤスイ, シゲヒロ  
ローマ字 Yasui, Shigehiro  
所属 慶應義塾大学・自然科学研究教育センター (日吉) ・訪問研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00535346

名前 新田, 宗土  
カナ ニッタ, ムネト  
ローマ字 Nitta, Muneto  
所属 慶應義塾大学・商学部 (日吉) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60433736

名前 山口, 康宏  
カナ ヤマグチ, ヤスヒロ  
ローマ字 Yamaguchi, Yasuhiro  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 池田, 陽一  
カナ イケダ, ヨウイチ  
ローマ字 Ikeda, Yōichi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
チャームやボトムをもつ重いハドロン・クォークが核物質・クォーク物質に不純物として存在するときに発現する媒質効果を理論的に研究した。まず不純物効果について微視的な相互作用をもとにして不純物エネルギーやスピン-アイソスピン近藤効果やQCD(カラー)近藤効果を議論した。とくに非摂動的な効果に着目するために場の理論をベースにした理論展開をすることによって不純物効果を系統的に調べた。さらに媒質そのものの性質を詳しくみるために様々な物質相の可能性を議論した。核物質について中性子P波超流動の性質を主にGinzburg-Landau方程式を用いて系統的に調べることによって核物質のもつ新しい性質を明らかにした。
I researched the properties of the medium effect when the heavy hadrons and quarks with charm or bottom flavor exists as impurity particles in the nuclear and quark matter. Firstly, I discussed the impurity energies, the spin-isospin Kondo effect, and the QCD (color) Kondo effect from the view of the microscopic interaction. Especially I focused on the systematic study in the field-theoretical framework, paying an attention to the nonperturbative effect caused by the impurities. Secondly, I discussed the possible variety of phases of high-density matter in order to make the role of the medium effect clear. I applied the Ginzburg-Landau theory to research the properties of neutron P-wave superfluids, and discussed new properties of high-density nuclear matter.
 
目次

 
キーワード
重いフレーバー  

不純物効果  

近藤効果  

中性子P波超流動  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2020
課題番号 : 17K05435
研究分野 : 理論原子核物理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 11:29:04  
作成日
May 17, 2022 13:20:30  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1674) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (432)
3位 石垣島の「エコツ... (403)
4位 新自由主義に抗す... (369)
5位 In-vivo kinemati... (249)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1049) 1st
2位 インフルエンサー... (504)
3位 酢酸エステル類の... (468)
4位 興味が引き起こさ... (425)
5位 刑法における因果... (423)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース