慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K03998seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K03998seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :89.6 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 239

Total downloads since Mar 5, 2021 : 239
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル オムニチャネルを通じた小売店舗ブランド構築に関する実証研究  
カナ オムニチャネル オ ツウジタ コウリ テンポ ブランド コウチク ニ カンスル ジッショウ ケンキュウ  
ローマ字 Omunichaneru o tsūjita kouri tenpo burando kōchiku ni kansuru jisshō kenkyū  
別タイトル
名前 An empirical study of retail brand creation through omnichannel management  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 坂下, 玄哲  
カナ サカシタ, モトタカ  
ローマ字 Sakashita, Mototaka  
所属 慶應義塾大学・経営管理研究科 (日吉) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00384157

名前 Viswanathan, Vijay  
カナ ヴィスワナサン, ヴィージェイ  
ローマ字  
所属 ノースウエスタン大学・メディルスクールIMC学科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は、近年の流通チャネルにおける変化の一つであるオムニチャネルという現象に注目し、消費者の買物経験が小売店舗ブランド形成にいかなる影響を与えるかについて、特に消費者の認知構造および行動特性といった視点から理論的、かつ実証的に検討を加えることを目的としている。リアル店舗購買促進のためのオンライン広告活用という局面に焦点を当てて研究枠組を構築、経験データを収集した結果、 (1) オンライン広告を保存した顧客の当該ブランド商品購買確率が高まること、および (2) そのような効果は顧客の小売店舗に対する態度や小売店舗とのインタラクションによって更に高められる可能性があることがわかった。
The purpose of this study is to investigate how consumers' shopping experience among different marketing channels helps retailers to create their retail brand image, by shedding light on the relatively novel phenomena, omnichannel, from the viewpoint of consumers' cognitive structure and behavioral tendency. Focusing on the brick-and-mortar stores' utilization of internet communication in an effort to penetrate customers’ purchase activities, it generated theoretical hypothesis and collected a transactional data from an existing shopping mall. The results show that (1) customers who clipped and saved the online advertising show higher probability of purchasing the focal products than those who did not, and (2) this effect is moderated by customers’ prior attitude toward the focal retail brand and engagement with the mall.
 
目次

 
キーワード
小売マネジメント  

マーケティングコミュニケーション  

ブランドマネジメント  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K03998
研究分野 : マーケティング
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:35  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:35  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース