慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K01469seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K01469seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :320.2 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 605

Total downloads since Mar 5, 2021 : 605
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル リンパ浮腫の圧迫下での運動療法の効果と最適な運動様式の指針の作成に関する研究  
カナ リンパ フシュ ノ アッパクカ デノ ウンドウ リョウホウ ノ コウカ ト サイテキナ ウンドウ ヨウシキ ノ シシン ノ サクセイ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Rinpa fushu no appakuka deno undō ryōhō no kōka to saitekina undō yōshiki no shishin no sakusei ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Immediate effects of active exercise with compression therapy and the creation of guidelines for the best type of exercise on lower-limb lymphedema  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 辻, 哲也  
カナ ツジ, テツヤ  
ローマ字 Tsuji, Tetsuya  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90245639

名前 阿部, 桐子  
カナ アベ, キリコ  
ローマ字 Abe, Kiriko  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
【目的】下肢リンパ浮腫に対する圧迫下運動療法の即時効果を明らかにすること。
【方法】研究デザインはブロックランダム化クロスオーバー比較試験。対象は婦人科がん治療後の下肢リンパ浮腫患者。登録18名全員が完遂した。介入はA)圧迫下運動療法 (座位15分) 、B)圧迫下運動療法 (臥位15分) 、C)圧迫療法 (臥位下肢拳上15分) を実施した。圧迫療法には多層包帯法、運動療法にはエルゴメータを使用した。
【結果】介入前後の下肢体積減少率はB)とC)に有意差を認めたがA)とC)には有意差を認めなかった。
【結論】圧迫下運動療法として臥位でエルゴメータを使用しペダル駆動を行うことが最も効果的であることが明らかとなった。
[Objectives] The aim is to reveal the difference between seated and supine position concerning the immediate effects of AECT performed using a bicycle ergometer on gynecological cancer-related lower limb lymphedema (LLL).
[Methods] This was a randomized controlled cross-over trial. Eighteen women with LLL completed AECT in a seated and supine position, and compression-only therapy (CT) in a supine position. AECT was performed on a bicycle ergometer with elastic bandages. Each intervention was performed for 15minutes. 
[Results] The volume of decreasing rate of lower limb was significantly reduced in AECT in a supine position than CT. Moreover, no significant difference was observed between AECT in a seated position and CT, therefore the most effective intervention was AECT in a supine position.
[Conclusions] AECT using the bicycle ergometer in a supine position could be recommended for decreasing the volume of the lower-limb.
 
目次

 
キーワード
リンパ浮腫  

婦人科癌  

運動療法  

リハビリテーション  

日常生活動作 (ADL)  

生活の質 (QOL)  

がん  

サポーティブケア  

緩和ケア  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K01469
研究分野 : リハビリテーション医学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:34  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (320) 1st
2位 DAOの法的地位と... (258)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (236)
5位 「余白的コミュニ... (229)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3958) 1st
2位 なぜ神が存在する... (733)
3位 気象変化による片... (605)
4位 サイバーセキュリ... (493)
5位 江藤名保子君学位... (383)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース