慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17H06563seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17H06563seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :93.3 KB
Last updated :May 12, 2020
Downloads : 116

Total downloads since May 12, 2020 : 116
 
タイトル
タイトル 大脳皮質形成における環境ストレス応答下流カスケードの解析  
カナ ダイノウ ヒシツ ケイセイ ニ オケル カンキョウ ストレス オウトウ カリュウ カスケード ノ カイセキ  
ローマ字 Dainō hishitsu keisei ni okeru kankyō sutoresu ōtō karyū kasukēdo no kaiseki  
別タイトル
名前 Analysis of environmental stress response downstream cascade in cerebral cortex formation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石井, 聖二  
カナ イシイ, セイジ  
ローマ字 Ishii, Seiji  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・特任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50468493
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
大脳皮質特異的に一次繊毛を欠損したマウス (Ift88 cKOマウス) を作製し、生後7日目のIft88 cKOマウスにアルコールを投与したところ、Ift88 cKOマウスでは、細胞質内に特異的な斑点状の活性型 Caspase-3シグナルが多数散在する事を見出した。そこで、アルコール曝露下でのcKOマウス群における神経細胞の樹状突起の長さ、および分枝の複雑度を解析したところ、いずれも優位に減少することを見出した。以上の結果から、臨界期後に一次繊毛に依存して誘導されるストレス応答シグナルの存在が示唆された。
To test the roles of cilia in brain development under exposure to environmental insults, we utilized a conditional knockout (cKO) of intraflagellar transport 88 (Ift88). Ift88 floxed mice were crossed with mice carrying the transgene Emx1-IRES-Cre (Emx1-Cre) by which Cre is expressed specifically in the dorsal pallium-originated cortical cells. The number of activated caspase-3-positive neurons remained small 24 hours post exposure in conditional heterozygote (cHet) control mice, while the number was significantly larger in cKO mice. We next found that dendritic complexity was significantly decreased; Thy1-YFP-labeled layer V neurons in EtOH-exposed cKO mice exhibited fewer dendrites with fewer and shorter branches than those in other groups. These results suggest that there might be the primary cilia-dependent neuroprotective function activated by environmental stress.
 
目次

 
キーワード
大脳皮質  

樹状突起  

環境ストレス応答  

アルコール曝露  
NDC
 
注記
研究種目 : 研究活動スタート支援
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17H06563
研究分野 : 分子神経生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
May 12, 2020 15:44:39  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
May 12, 2020    著者,著者 所属,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース