慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17H06270seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17H06270seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :413.4 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 92

Total downloads since Mar 5, 2021 : 92
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 代謝産物を介した多細胞間ネットワークの統合的解析による臓器機能in toto把握  
カナ タイシャ サンブツ オ カイシタ タサイボウカン ネットワーク ノ トウゴウテキ カイセキ ニ ヨル ゾウキ キノウ in toto ハアク  
ローマ字 Taisha sanbutsu o kaishita tasaibōkan nettowāku no tōgōteki kaiseki ni yoru zōki kinō in toto haaku  
別タイトル
名前 In toto understanding of organ function by integrated analysis of multicellular networks mediated by intercellular delivery of metabolites  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 伊藤, 裕  
カナ イトウ, ヒロシ  
ローマ字 Itō, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40252457

名前 宮下, 和季  
カナ ミヤシタ, カズトシ  
ローマ字 Miyashita, Kazutoshi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・特任准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50378759

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では個別の臓器, 細胞, 分子にとらわれず、代謝産物の細胞間送達による臓器機能の維持と、その破綻に伴う非感染性疾患の発症・進展について検討した。新しい解析手法である質量分析イメージジング法やメタボロームを駆使して、これまで把握が困難であった低分子代謝産物の、臓器機能制御における意義を明らかにした。非感染性疾患の発症に妊娠時の成育環境や、母体腸内細菌叢由来の代謝産物が影響を与えることを見出した。代謝産物送達の観点から臓器機能とその破綻病態を理解する試みは、細胞内での分子機能解析に基づく既存の分子生物学的アプローチとは異なるものであり、挑戦的研究にふさわしい独創性のある成果をもたらした。
In this study, we aimed to understand the pathophysiology of non-communicable diseases (NCDs) from the alterations in intercellular delivery of metabolites. By utilizing novel technologies such as mass imaging analysis and metabolome, we clarified the significance of low-molecular weight metabolites for organ function. We pointed out the roles for metabolites derived from maternal microbiota in the development of obesity and diabetes of the offspring in mice. The novel understanding of organ function from the perspective of intercellular delivery of metabolites is different from existing approach of the molecular biology which analyzes molecular function in the cell. It has brought novel results with plenty of originality that are suitable for grant-in-aid for exploratory research.
 
目次

 
キーワード
代謝産物  

液性因子  

細胞間送達  

質量分析イメージング  

腸内細菌叢  

母児連関  

臓器機能  

非感染性疾患  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究 (開拓)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17H06270
研究分野 : 内分泌学、代謝学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:34  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (745) 1st
2位 アイドル文化にお... (408)
3位 新自由主義に抗す... (386)
4位 もしも世界がみん... (346)
5位 組織市民行動が成... (325)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (642) 1st
2位 アセトアニリドの... (585)
3位 解説 : 体液の物... (560)
4位 アルコール発酵の... (441)
5位 姿勢維持における... (417)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース