慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17H04306seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17H04306seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :234.8 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 32

Total downloads since Mar 5, 2021 : 32
 
タイトル
タイトル 悪性神経膠腫に対する革新的ワクチン療法の開発  
カナ アクセイ シンケイ コウシュ ニ タイスル カクシンテキ ワクチン リョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Akusei shinkei kōshu ni taisuru kakushinteki wakuchin ryōhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of novel vaccine immunotherapy for malignant glioma  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 戸田, 正博  
カナ トダ, マサヒロ  
ローマ字 Toda, Masahiro  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20217508
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
マウスグリオーマ細胞株で同定したNeoangtigenを標的とするエピトープペプチドと抗PD-1抗体を組み合わせた複合免疫療法に、VEGFR1/VEGFR2を標的とするエピトープペプチドを上乗せすることで、腫瘍細胞、血管内皮、さらに免疫抑制性の制御性T細胞を統合的に標的とし、著明な生存期間の延長に成功した。さらにマウスBTSC株には特にVEGFR2が高発現することを見出し、同様の複合免疫療法で生存期間は延長した。また得られた治療後の組織変化を、実際にVEGFRsワクチン療法が為された悪性神経膠腫患者検体でも確認し、本複合免疫療法の治療効果の根拠を確立することができた。
In the present study, we established a novel combinational immunotherapy using epitope peptide targeting glioma neoantigen and vascular endothelial growth factor receptor (VEGFR)1/2, and anti-programmed cell death (PD)-1. Induced cytotoxic T lymphocytes could kill not only tumor vessel cells but also tumor cells and immunosuppressive regulatory T cells (Tregs) expressing VEGFRs. Remarkable prolonged survival was achieved in the glioma mouse model. Furthermore, we revealed that VEGFR2 is highly expressed in the glioma stem cells (GSCs). This approach could inhibit the proliferation of GSCs in an orthotopic mouse model. The histopathological findings of pre- and post-VEGFRs vaccination glioblastoma specimens demonstrated that more apoptosis was detected in tumor cells, and the number of Foxp3-positive cells decreased after vaccination.
This novel immunotherapy targeting a large variety of cells has the possibility to show higher treatment efficacy for the patients with malignant glioma.
 
目次

 
キーワード
悪性神経膠腫  

免疫チェックポイント  

PD-1  

VEGFR  

ネオアンチゲン  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17H04306
研究分野 : 脳神経外科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:33  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (354) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (350)
3位 越境するファシズ... (342)
4位 伊藤隆太君学位請... (337)
5位 性犯罪の保護法益... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (415) 1st
2位 新参ファンと古参... (390)
3位 アイドル文化にお... (342)
4位 Instagram解析に... (338)
5位 ジャニーズのアイ... (311)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース