慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17340010seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17340010seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :359.3 KB
Last updated :Dec 26, 2009
Downloads : 1295

Total downloads since Dec 26, 2009 : 1295
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 精密化された岩澤理論とゼータ関数  
カナ セイミツカサレタ イワサワ リロン ト ゼータ カンスウ  
ローマ字 seimitsuka sareta iwasawa riron to zeta kansu  
別タイトル
名前 Refined Iwasawa theory and the zeta functions  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 栗原, 将人  
カナ クリハラ, マサト  
ローマ字 KURIHARA, MASATO  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号:40211221

名前 太田, 克弘  
カナ オオタ, カツヒロ  
ローマ字 OTA, KATSUHIRO  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号:40213722

名前 田中, 孝明  
カナ タナカ, タカアキ  
ローマ字 TANAKA, TAKAAKI  
所属 慶應義塾大学・理工学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号:60306850

名前 宮崎, 琢也  
カナ ミヤザキ, タクヤ  
ローマ字 MIYAZAKI, TAKUYA  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号:10301409

名前 塩川, 宇賢  
カナ シオカワ, イエカタ  
ローマ字 SHIOKAWA, IEKATA  
所属 慶應義塾大学・理工学部・名誉教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号:00015835

名前 坂内, 健一  
カナ バンナイ, ケンイチ  
ローマ字 BANNAI, KENICHI  
所属 慶應義塾大学・理工学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号:90343201

名前 松野, 一夫  
カナ マツノ, カズオ  
ローマ字 MATSUNO, KAZUO  
所属 津田塾大学・学芸学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号:40332936

名前 八森, 祥隆  
カナ ハチモリ, ヨシタカ  
ローマ字 HACHIMORI, YOSHITAKA  
所属 東京理科大学・理工学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号:50433743

名前 青木, 美穂  
カナ アオキ, ミホ  
ローマ字 AOKI, MIHO  
所属 岡山理科大学・理学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号:10381451
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2009  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2008  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
従来の岩澤理論では、岩澤主予想という、数論的対象物への Galois群の作用の特性多項式とp進L関数との関係、が主テーマであったが、数論的対象物と解析的対象物との間にはもっと深い関係があることが証明できた。また、Gauss和型の Euler 系の理論、Gauss和型の Kolyvagin系の理論を構成し、Galoisコホモロジーの中にゼータ関数の値と関係するよい元の系列が存在することを証明した。
 
目次

 
キーワード
整数論  
NDC
 
注記
研究種目:基盤研究(B)

研究期間:2005~2008

課題番号:17340010

研究分野:数物系科学

科研費の分科・細目:数学・代数学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 24, 2009 09:00:00  
作成日
Dec 24, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2008年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース