慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K21431seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K21431seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.3 MB
Last updated :Aug 2, 2019
Downloads : 189

Total downloads since Aug 2, 2019 : 189
 
タイトル
タイトル 最も筋の材質を変化させる手技は何か? 強度や時間の要素を加えた網羅的検討  
カナ モットモ キン ノ ザイシツ オ ヘンカサセル シュギ ワ ナニカ ? キョウド ヤ ジカン ノ ヨウソ オ クワエタ モウラテキ ケントウ  
ローマ字 Mottomo kin no zaishitsu o henkasaseru shugi wa nanika ? kyōdo ya jikan no yōso o kuwaeta mōrateki kentō  
別タイトル
名前 What is the optimal procedure with the greatest effect on the mechanical properties of muscles?  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 稲見, 崇孝  
カナ イナミ, タカユキ  
ローマ字 Inami, Takayuki  
所属 慶應義塾大学・体育研究所・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10750086
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, ヒト骨格筋の材質特性である"硬さ"が, 『どのような手技』を『どのような強度』で『どれくらいの時間実施する』と最も筋の硬さを変化させ得るか, を明確にすることを目的とした。硬さを低減させる手技の効果を検討すべく, 網羅的な文献渉猟からいくつかの手技で有効な強度と時間を明確化し, 材質を低減させる可能性が最も高いストレッチングとマッサージに焦点をあて実験を行った。その結果, ストレッチングおよびマッサージ法によって, 健常者の安静時の筋は同程度の硬さ低減効果が得られることを明らかにした。ActiveもしくはPassiveによる手技間の差異はあるものの, 現場へ還元し得る直接的な証拠を示した。
This study aimed to clarify the optimal procedure with the greatest effect on "muscle mechanical properties," which are material characteristics of human skeletal muscles. Our study involved investigations from three perspectives : "the type of procedure, type of strength control, and duration of implementation." Based on an exhaustive search of literature, we determined stretching and massage to be the most likely interventional procedures to reduce one of the mechanical properties of the muscles (muscle stiffness). In order to examine the effect of a procedure on the reduction of stiffness, we focused on these two procedures, during the course of our experiment. The results obtained by implementing these interventional procedures revealed that the resting muscle stiffness of healthy subjects is reduced to the same extent. Although there are differences between procedures according to Active or Passive, they showed direct evidence that can be applied to several fields of sports.
 
目次

 
キーワード
ストレッチング  

マッサージ  

超音波エラストグラフィ  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K21431
研究分野 : スポーツ科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 02, 2019 15:32:00  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Aug 2, 2019    著者,抄録 内容,資源タイプ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース