慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K21357seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K21357seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :376.9 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 285

Total downloads since Nov 12, 2018 : 285
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ラット出血性ショックモデルにおける水素ガス吸入による生存率改善効果について  
カナ ラット シュッケツセイ ショック モデル ニ オケル スイソ ガス キュウニュウ ニ ヨル セイゾンリツ カイゼン コウカ ニ ツイテ  
ローマ字 Ratto shukketsusei shokku moderu ni okeru suiso gasu kyūnyū ni yoru seizonritsu kaizen kōka ni tsuite  
別タイトル
名前 Hydrogen gas inhalation improves survival in rats with lethal hemorrhagic shock.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松岡, 義  
カナ マツオカ, タダシ  
ローマ字 Matsuoka, Tadashi  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70649938
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
水素ガスが出血性ショックの生存率を改善させるかを検討した。
ラット出血性ショックモデル(平均動脈圧30mmHg, 60分間, 蘇生輸液:脱血量の4倍生理食塩水)に, コントロールガス(21%O2)と水素ガス(1.3%H2+21%O2)(脱血開始から輸液蘇生開始2時間後まで吸入)を用いた。①6時間後の生存率は水素群が有意に高かった。②脱血量は水素群が有意に多かった。③コントロール群では蘇生終了後から血圧が低下し, 著明な乳酸アシドーシスを認めたが, 水素群で血圧が高く維持され, アシドーシスも抑制されていた。
以上の結果より, 水素ガス吸入は, 生存率を改善することが明らかとなった。
We investigated whether hydrogen (H2) gas inhalation would influence the tolerance to hemorrhagic shock (HS) and improve survival.
The survival rate at 6 hours after HS and resuscitation (MAP : 30 mmHg, 60 min, normal saline equal to four times the volume of shed blood) was 80% in the H2 gas (1.3%H2, 26%O2) group and 30% in the control gas (26%O2) group (the gas inhalation from the start of HS to 2 hours after resuscitation)(p<0.05). The shed blood volume to induce HS was significantly larger in the H2 group. Despite losing more blood, the increase in serum potassium after HS was suppressed in the H2 group. Fluid resuscitation completely restored blood pressure (BP) in the H2 group, whereas it failed to fully restore BP in the control group. At 2 hours after resuscitation, metabolic acidosis was well compensated in the H2 group, while the control group has uncompensated metabolic acidosis and hyperkalemia.
We demonstrated H2 gas inhalation delays the progression to irreversible shock.
 
目次

 
キーワード
出血性ショック  

水素ガス  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K21357
研究分野 : 救急医学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:06  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース