慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K19738seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K19738seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :389.3 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 275

Total downloads since Nov 12, 2018 : 275
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 皮膚樹状細胞におけるCD326分子の新規機能解析  
カナ ヒフ ジュジョウ サイボウ ニ オケル CD326 ブンシ ノ シンキ キノウ カイセキ  
ローマ字 Hifu jujō saibō ni okeru CD326 bunshi no shinki kinō kaiseki  
別タイトル
名前 Analysis of function of CD326 expressed in dermal dendritic cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大内, 健嗣  
カナ オオウチ, タケシ  
ローマ字 Ouchi, Takeshi  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30528419
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
CD326分子は同種親和性を示すカルシウム非依存性の細胞間相互作用に関与する膜タンパクである。CD326はランゲリン陽性真皮樹状細胞に発現し, 遊走したリンパ節内において, その発現を増強することを発見した。皮膚樹状細胞サブセット特異的CD326分子ノックアウトマウスを作成し, 遺伝子銃, タンパク抗原, アレルギー性接触性皮膚炎モデルを用いた経皮的な免疫応答を検討することで, ランゲリン陽性真皮樹状細胞におけるCD326の機能を解析することを試みた。また, 表皮顆粒層におけるCD326の発現を発見し, 活性化したランゲルハンス細胞の樹状突起との間に機能的な細胞接着に関わっている可能性が示唆された。
CD326 is a membrane glycoprotein that promotes intercellular adhesion through homophilic interaction. CD326 is expressed at high levels by epidermal Langerhans Cells (LC). Here, we demonstrated that langerin+ dermal dendritic cells (langerin+ dDC) weekly express CD326 on surface. It is also found that langerin+ dDC showed enhanced expression of CD326 in lymph nodes. To study function of CD326 in langerin+ dDC, we developed KO mice in which CD326 is selectively deleted in LC and langerin+ dDC. We explored immunological consequences of lack of CD326 expression on langerin+ dDC by percutaneous immunization assays. We also found that CD326 was expressed at the second layer of stratum granulosum (SG2) layer to seal the intercellular junctions. Activated LC dendrites docking point lost CD326 expression in mice with CD326-deficient LC at SG2. Topically applied biotin penetrated into basal layer in mice with CD326-deficient LCs, suggesting the barrier compromise at LC docking points at SG2.
 
目次

 
キーワード
CD326  

ランゲリン陽性真皮樹状細胞  

ランゲルハンス細胞  

顆粒層  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K19738
研究分野 : 皮膚免疫, 皮膚バリア機能
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:04  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース