慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K19521seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K19521seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :182.5 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 628

Total downloads since Jul 30, 2019 : 628
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 脳卒中重度上肢麻痺患者に対する末梢神経電気刺激併用運動イメージ訓練の機能改善効果  
カナ ノウソッチュウ ジュウド ジョウシ マヒ カンジャ ニ タイスル マッショウ シンケイ デンキ シゲキ ヘイヨウ ウンドウ イメージ クンレン ノ キノウ カイゼン コウカ  
ローマ字 Nōsotchū jūdo jōshi mahi kanja ni taisuru masshō shinkei denki shigeki heiyō undō imēji kunren no kinō kaizen kōka  
別タイトル
名前 Effect of combination of motor imagery and electrical stimulation on upper motor function in patients with stroke.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 川上, 途行  
カナ カワカミ, ミチユキ  
ローマ字 Kawakami, Michiyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80424133
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, これまで治療が困難であった脳卒中上肢麻痺患者に対する新たな治療方法の開発を行い, 末梢神経電気刺激併用運動イメージ訓練の効果の検討を行った。
健常成人を対象に末梢神経電気刺激を併用した運動イメージ訓練の脳運動野興奮性に与える効果を確認し, 介入プロトコルを確定した。それを用い。脳卒中重度上肢麻痺患者を対象に末梢神経電気刺激併用運動イメージ訓練を施行し, 運動機能改善効果を証明した。慢性期脳卒中患者10名に対し介入し, 有意な運動機能の改善(FMA上肢項目 : 平均5.5点の改善), 脊髄相反性抑制の改善を示した。
The combination of motor imagery and afferent input with electrical stimulation (MI+ES) enhances the excitability of the corticospinal tract compared with motor imagery alone or electrical stimulation alone in healthy subjects. We performed an examination of the therapeutic effects of MI+ES on upper motor function in patients with chronic stroke.Ten patients with chronic stroke demonstrating severe hemiparesis participated. The imagined task was extension of the affected finger. Peripheral nerve electrical stimulation was applied to the radial nerve. MI+ES intervention was conducted for 10 days, and pre- and post-intervention clinical and neurophysiological examinations were compared. Upper motor function was assessed with Fugl-Meyer assessments. These features were significantly improved after MI+ES intervention. Reciprocal inhibition from the forearm extensor to flexor muscle was increased after MI+ES intervention.
 
目次

 
キーワード
運動イメージ  

脳卒中  

片麻痺  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K19521
研究分野 : リハビリテーション
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 10:07:22  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Jul 30, 2019    著者,抄録 内容,資源タイプ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース