慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K18241seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K18241seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :482.8 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 615

Total downloads since Nov 12, 2018 : 615
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Aサイト複合ペロブスカイトのリラクサー相を利用した高温キャパシタ用誘電体の創製  
カナ Aサイト フクゴウ ペロブスカイト ノ リラクサーソウ オ リヨウシタ コウオン キャパシタヨウ ユウデンタイ ノ ソウセイ  
ローマ字 Asaito fukugō perobusukaito no rirakusāsō o riyōshita kōon kyapashitayō yūdentai no sōsei  
別タイトル
名前 Creation of dielectric materials for high-temperature capacitor applications using relaxor phases of A-site complex perovskites  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 萩原, 学  
カナ ハギワラ, マナブ  
ローマ字 Hagiwara, Manabu  
所属 慶應義塾大学・理工学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30706750
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 非鉛系のリラクサーであるチタン酸ビスマスカリウム(BKT)系固溶体の組成探索により, 広い温度範囲で高い誘電率を示す誘電体を創生することを目的とした。まず水熱法を利用して作製した高品質BKTセラミックスの誘電応答を解析し, BKTが示すリラクサー-強誘電体相転移のメカニズムを明らかにした。また, 直流電界および圧縮応力下での誘電応答も測定し, BKTの電界-温度および応力-温度相図を始めて報告した。つづいてBKTに対してチタン酸ストロンチウムを固溶させることでリラクサー相を安定化させるとともに誘電率最大温度を室温付近まで低下させ, 広い温度範囲で1000以上の比誘電率を示す誘電体を作製した。
This study aimed to develop high-temperature dielectric materials using the relaxor phase of bismuth potassium titanate (BKT). We first studied the mechanism underlying the spontaneous relaxor-ferroelectric phase transition of BKT through analyses of dielectric responses of high-quality ceramic samples fabricated via a hydrothermal process. We found that the transition was triggered by freezing of the thermal fluctuation of polar nanoregions existing in the relaxor phase. We also measured the dielectric responses of BKT under biasing electric field and uniaxial load. Based on these results, electric field-temperature and stress-temperature phase diagrams are firstly determined for BKT. We then fabricated solid solutions between BKT and strontium titanate (ST), (1-x)BKT-xST, to shift the dielectric maximum temperature of BKT toward room temperature. Consequently, 0.5BKT-0.5ST ceramics showed high dielectric permittivity exceeding 1000 in a wide temperature range up to 300℃.
 
目次

 
キーワード
誘電体  

セラミックス  

リラクサー  

水熱法  

Aサイト複合ペロブスカイト  

高温  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K18241
研究分野 : 無機材料化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:02  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (1014) 1st
2位 「危険の予見可能... (594)
3位 731部隊と細菌戦 ... (390)
4位 新自由主義に抗す... (390)
5位 ガールクラッシュ... (359)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (966) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (773)
3位 酢酸エステル類の... (714)
4位 渋沢栄一と朝鮮 :... (700)
5位 慶應義塾大学日吉... (657)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース