慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K17598seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K17598seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :84.0 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 305

Total downloads since Mar 5, 2021 : 305
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 微分幾何学的手法によるカラビ・ヤウ多様体と特殊ラグランジュ部分多様体の研究  
カナ ビブン キカガクテキ シュホウ ニ ヨル カラビ・ヤウ タヨウタイ ト トクシュ ラグランジュ ブブン タヨウタイ ノ ケンキュウ  
ローマ字 Bibun kikagakuteki shuhō ni yoru Karabi Yau tayōtai to tokushu Raguranju bubun tayōtai no kenkyū  
別タイトル
名前 On the Calabi-Yau manifolds and the special Lagrangian submanifolds from the view point of differential geometry  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 服部, 広大  
カナ ハットリ, コウタ  
ローマ字 Hattori, Kōta  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30586087
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
微分幾何学の文脈において、自明な標準束をもつリッチ平坦ケーラー計量をもつ複素多様体をカラビ・ヤウ多様体という。さらに強く、正則シンプレクティック形式をもつ場合は超ケーラー多様体と呼ばれる。
完備リッチ平坦多様体がユークリッド的な体積の増大度を持ち、無限遠点における接錐の一つが滑らかな切断を持つならば、無限遠点における接錐がただ一つしかないことがコーディングとミニコッチによって証明されている。これに対して研究代表者は、無限遠点における接錐のモジュライ空間が円周と同相になるような超ケーラー多様体を発見した。
In the context of differential geometry, Calabi-Yau manifolds are Ricci-flat Kaehler manifolds with trivial canonical bundle. Moreover, if the manifolds have holomorphic symplectic form, then they are called the hyper-Kaehler manifolds. 
It is shown by Colding and Minicozzi that if a complete Ricci-flat manifold with maximal volume growth and one of the tangent cone at infinity has a smooth cross section, then the tangent cone at infinity is unique. We investigate the asymptotic behavior of one of the hyper-Kaehler manifolds constructed by Anderson-Kronheimer-LeBrun, which is known to have the irrational volume growth, then show that the moduli space of the tangent cones at infinity of it is homeomorphic to the circle.
 
目次

 
キーワード
超ケーラー多様体  

複素構造  

リッチ曲率  

無限遠点における接錐  

グロモフ・ハウスドルフ収束  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究 (B)
研究期間 : 2016~2019
課題番号 : 16K17598
研究分野 : 微分幾何学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:15  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:15  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース