慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K16483seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K16483seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1016.6 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 159

Total downloads since May 17, 2022 : 159
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル リズム知覚生成の個人差に関する音楽神経科学研究  
カナ リズム チカク セイセイ ノ コジンサ ニ カンスル オンガク シンケイ カガク ケンキュウ  
ローマ字 Rizumu chikaku seisei no kojinsa ni kansuru ongaku shinkei kagaku kenkyū  
別タイトル
名前 A neuromusic study for understanding individual differences in rhythm perception and production  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 藤井, 進也  
カナ フジイ, シンヤ  
ローマ字 Fujii, Shin'ya  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部 (藤沢) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40773817
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
リズム知覚生成の個人差に関する音楽神経科学研究を実施した。iOS版ハーバード式ビート評価テスト(HBAT)の開発と信頼性評価を行い、リズム知覚生成の個人差をiPhoneやiPadで簡便に客観評価できる手法を開発した。核磁気共鳴画像法(MRI)・赤外線スペクトロスコピー(NIRS)による脳機能構造評価を実施し、HBATで評価したリズム知覚の個人差に小脳灰白質構造の個人差が関連していること、HBATでテンポ変化知覚を行う際、運動前野、補足運動野の脳活動が増大していることを明らかにした。さらにリズム知覚生成の国際文化比較を行い、日本人のリズム知覚生成の特徴を明らかにした。
We conducted a neuromusic study for understanding individual differences in rhythm perception and production. We developed the iOS version of the Harvard Beat Assessment Test (HBAT) which can be run on iPhone and iPad. The iOS version of HBAT provides a simple objective method for investigating individual differences in rhythm perception and production. Furthermore, we conducted structural and functional brain imaging studies using the HBAT combined with magnetic resonance imaging (MRI) and near-infrared spectroscopy (NIRS). We found that individual differences in rhythm perception related to the cerebellar gray matter volumes (Paquette, Li, Fujii, Schlaug, 2017), and that the brain activities in the premotor and supplementary motor areas related to the perception of beat interval changes. In addition, we conducted a cross-cultural comparison study to investigate "the integer ratio priors on musical rhythm" in Japanese traditional and western musicians and non-musicians.
 
目次

 
キーワード
音楽神経科学  

音楽  

リズム  

個人差  

知覚  

生成  

HBAT  

iOS  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究 (B)
研究期間 : 2016~2020
課題番号 : 16K16483
研究分野 : 音楽神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:27  
作成日
May 17, 2022 13:20:27  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (551) 1st
2位 実践的推論の合理... (449)
3位 新自由主義に抗す... (426)
4位 統治の思想と実務... (360)
5位 Brain Tech guide... (311)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1163) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (845)
3位 独ソ不可侵条約と... (744)
4位 アセトアニリドの... (557)
5位 楽天とアマゾンの... (402)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース