慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K15448seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K15448seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :978.7 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 206

Total downloads since Sep 21, 2017 : 206
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル RNAウイルスを用いたiPS細胞治療用の未分化細胞除去ワクチンの開発  
カナ RNA ウイルス オ モチイタ iPS サイボウ チリョウヨウ ノ ミブンカ サイボウ ジョキョ ワクチン ノ カイハツ  
ローマ字 RNA uirusu o mochiita iPS saibo chiryoyo no mibunka saibo jokyo wakuchin no kaihatsu  
別タイトル
名前 Establishment of RNA virus vaccine for removal of pluripotent cells in iPS cell-derivative  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 福田, 恵一  
カナ フクダ, ケイイチ  
ローマ字 Fukuda, Keiichi  
所属 慶應義塾大学・循環器内科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20199227

名前 関, 倫久  
カナ セキ, トモヒサ  
ローマ字 Seki, Tomohisa  
所属 慶應義塾大学・救急科・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30528873
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
我々は, 拒絶免疫の誘導による未分化細胞除去法のProof of Conceptとして, ES細胞自体をマウスにワクチンすることで大量の同種マウスiPS細胞に対して奇形腫形成を抑制することが可能であることを確認した。マウス細胞を用いた同種移植のin vivoの奇形腫形成の実験系を確立するとともに, 既にワクチンによる免疫反応により奇形腫形成の抑制が可能であることのProof of Concept を得た。1x10^5オーダーの未分化細胞に対してはワクチンにより奇形腫形成が起こらなくなることを確認し, 未分化細胞の除去をin vivoで行うことの可能性を示した。
To establish of proof of concept of removal of pluripotent cells from induced pluripotent stem cell-derivatives, we tried to applied human embryonic stem cells to in vivo vaccination. In in vivo experiments of mouse assay, growth of teratoma which was derived from transplanted syngeneic mouse induced pluripotent stem cells were suppressed when mouse was vaccinated with irradiated human embryonic stem cells before transplantation. Additionally, vaccination with human embryonic stem cells completely inhibit teratoma formation when 1x10^5 syngeneic mouse induced pluripotent stem cells were transplanted. These results indicated that immune rejection against antigens which exists in pluripotent stem cells can be applicable to removal of pluripotent cells from induced pluripotent stem cell-derivatives in vivo.
 
目次

 
キーワード
再生医療  

iPS細胞  

免疫療法  

がんワクチン  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016~2016
課題番号 : 16K15448
研究分野 : 循環器内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:56  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (854) 1st
2位 新自由主義に抗す... (708)
3位 グラウンデッド・... (507)
4位 ドイツのSNS対策... (501)
5位 なぜ日本ユニテリ... (480)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2162) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1572)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース