慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K14067seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K14067seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.7 MB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 116

Total downloads since Nov 12, 2018 : 116
 
タイトル
タイトル 会合形成が高度に機能誘発する超分子型光エネルギー変換システムの開発  
カナ カイゴウ ケイセイ ガ コウド ニ キノウ ユウハツスル チョウブンシガタ ヒカリ エネルギー ヘンカン システム ノ カイハツ  
ローマ字 Kaigō keisei ga kōdo ni kinō yūhatsusuru chōbunshigata hikari enerugī henkan shisutemu no kaihatsu  
別タイトル
名前 Construction of aggregation-induced solar energy conversion systems  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 羽會部, 卓  
カナ ハソベ, タク  
ローマ字 Hasobe, Taku  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70418698

名前 酒井, 隼人  
カナ サカイ, ハヤト  
ローマ字 Sakai, Hayato  
所属 慶應義塾大学・理工学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60708486
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
自己組織化単分子膜法によって金ナノ粒子や金ナノロッドに修飾したペンタセン分子集合体の合成を行い, 最近接の分子間によって構築される微小空間を反応場と見なして研究を進めた。具体的に, 金表面上のペンタセン分子間は超分子ナノ細孔体と見なすことができ, ペンタセンの電子アクセプターであるC60を良好に内包・集積化できることを蛍光スペクトルによるタイトレーション実験によって明らかにした。また, ペンタセンアルカンチオール修飾金ナノ粒子およびC60の分子集合体のフェムト秒過渡吸収測定では超高速の光誘起電子移動が観測され, 湿式セルにおける光電変換特性評価においても良好な光電流発生が可視光領域で観測された。
Supramolecular organization between host and guest molecules utilizing the surface of metal nanomaterials is an interesting research topic in various fields such as optical, energy conversion, biological, and medical applications. Pentacene-alkanethiolate monolayer-protected gold nanoclusters (TP-Cn-X-MPC) and nanorods (TP-Cn-MPR) were successfully synthesized to examine the chain length (n=7, 11)-, structural size (X=S, L)- and surface shape-dependent structural and photophysical properties. The associate constants (Kapp) are largely dependent on the sizes of nanoclusters and alkyl chain lengths in TP-Cn-X-MPC (n=7, 11), whereas the Kapp values approximately remain constant in TP-Cn-MPR (n=7, 11). Efficient photocurrent generation was successfully observed on SnO2 films of pentacene and fullerene composites.
 
目次

 
キーワード
分子集合体  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K14067
研究分野 : 超分子化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:00  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース