慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K12173seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K12173seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :559.2 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 1363

Total downloads since Oct 31, 2019 : 1363
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 自然分娩における分娩第Ⅱ期持続時間が母児の周産期リスクの発生率に及ぼす影響  
カナ シゼン ブンベン ニ オケル ブンベン ダイⅡキ ジゾク ジカン ガ ボジ ノ シュウサンキ リスク ノ ハッセイリツ ニ オヨボス エイキョウ  
ローマ字 Shizen bunben ni okeru bunben daiⅡki jizoku jikan ga boji no shūsanki risuku no hasseiritsu ni oyobosu eikyō  
別タイトル
名前 A study of how the duration of the second stage of labor affects perinatal risks of the mother and newborn  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 近藤, 好枝  
カナ コンドウ, ヨシエ  
ローマ字 Kondō, Yoshie  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部 (藤沢)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90234955

名前 辻, 恵子  
カナ ツジ, ケイコ  
ローマ字 Tsuji, Keiko  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30338206

名前 大田, 康江  
カナ オオタ, ヤスエ  
ローマ字 Ōta, Yasue  
所属 順天堂大学 ・医療看護学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80650134

名前 原田, 通予  
カナ ハラダ, ミチヨ  
ローマ字 Harada, Michiyo  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40459673

名前 梅本, かおり  
カナ ウメモト, カオリ  
ローマ字 Umemoto, Kaori  
所属 帝京平成大学・ヒューマンケア学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70637446

名前 安田, 恵美子  
カナ ヤスダ, エミコ  
ローマ字 Yasuda, Emiko  
所属 国際医療福祉大学・成田看護学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10249055

名前 藤本, 久江  
カナ フジモト, ヒサエ  
ローマ字 Fujimoto, Hisae  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40773495
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
分娩第Ⅱ期所要時間は、2~3時間とされている。第Ⅱ期延長の影響に関するシステマティックレビューでは、分娩第Ⅱ期開始時間の定義の不明確さや交絡因子の影響など方法論の限界が指摘されている。本研究の目的は、対象を自然分娩の初産婦に限定し、分娩第Ⅱ期持続時間の延長が、母体および新生児の周産期リスクの発生率に及ぼす影響を明らかにすることである。研究者らは、2014年に、正期産、頭位、単胎で自然分娩の初産婦1,240名を対象に後方視的観察研究を行っているが、本研究では、所要時間に影響する要因を制御するため、施設をバースクリニックとした。臨床研究審査委員会の承認を得ており、研究を継続する。
The second stage of labor is said to require 2 h. In a systematic review of the effects of a prolonged second stage of labor, limitations indicated in the methodology included ambiguity in the definition of the commencement time of the second stage of labor and the effect of confounding factors. The purpose of the present study is to elucidate the effect of a prolonged second stage of labor on the incidence of maternal and neonatal perinatal risks, with the subject sample limited to spontaneous delivery in primipara. The researchers conducted a retrospective observational study of 1,240 primipara who spontaneously delivered a single, full-term fetus by vertex presentation in 2014. In the present study, however, to control factors that affect the required time, birthing centers were defined as facilities. This study will be continued upon obtaining approval from the clinical research review board.
 
目次

 
キーワード
看護学  

自然分娩  

分娩第Ⅱ期  

初産婦  

有病率  

羊水混濁  

助産学  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K12173
研究分野 : 臨床看護学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:32:44  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース