慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K09996seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K09996seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :503.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 386

Total downloads since Oct 31, 2019 : 386
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル リポイド副腎過形成症モデルマウスと細胞株によるステロイドホルモン生合成機構の解明  
カナ リポイド フクジン カケイセイショウ モデル マウス ト サイボウカブ ニ ヨル ステロイド ホルモン セイゴウセイ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Ripoido fukujin kakeiseishō moderu mausu to saibōkabu ni yoru suteroido horumon seigōsei kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Elucidation of the pathophysiology of steroid hormone biosynthesis in lipoid congenital adrenal hyperplasia by establishing a mouse or cell line model  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石井, 智弘  
カナ イシイ, トモヒロ  
ローマ字 Ishii, Tomohiro  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70265867

名前 水野, 裕介  
カナ ミズノ, ユウスケ  
ローマ字 Mizuno, Yūsuke  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 佐藤, 武志  
カナ サトウ, タケシ  
ローマ字 Satō, Takeshi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Steroidogenic acute regulatory protein (StAR) の異常で生ずる先天性リポイド副腎過形成症 (LCAH) の病態解明に寄与しうる以下の三つの成果を得た。
① StARを欠損したステロイドホルモン産生細胞株、タモキシフェン投与でStARを欠損するマウスを作成し、LCAHの病態を二つの手法で再現した。② StAR非依存性のステロイドホルモン産生が存在し、cAMPに制御され、コレステロールエステル (CE) 蓄積により二次的に障害されることを示した。③ CE蓄積による二次的なStAR非依存性経路の障害がNR5A1の発現低下と関連することを示した。
The present study developed significant progress in the understanding pathophysiology of lipoid congenital adrenal hyperplasia (LCAH). First, the study successfully established steroidogenic cell lines lacking steroidogenic acute regulatory protein (StAR) and tamoxifen-inducible knockout mice lacking StAR as in vitro and in vivo models for LCAH, respectively. Second, the results of the study demonstrated the presence of StAR-independent steroidogenic pathway, the role of cAMP in the pathway, and the impairment of the pathway secondary to the accumulation of cholesterol esters in the cytosol of adrenocortical cells. Third, the study indicates that the impairment of StAR-independent steroidogenic pathway secondary to the accumulation of cholesterol esters is associated with global reduction of expression levels of genes related to steroidogenesis probably due to reduced expression of NR5A1.
 
目次

 
キーワード
StAR  

先天性リポイド副腎過形成症  

ステロイドホルモン生合成  

コレステロール  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K09996
研究分野 : 内分泌, 代謝
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:21:21  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 著者ID,著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (757) 1st
2位 出生率及び教育投... (678)
3位 『うつほ物語』俊... (459)
4位 新自由主義に抗す... (405)
5位 731部隊と細菌戦 ... (335)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2453) 1st
2位 家族主義と個人主... (1831)
3位 731部隊と細菌戦 ... (716)
4位 猫オルガンとはな... (490)
5位 新参ファンと古参... (430)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース