慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K08881seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K08881seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :215.3 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 319

Total downloads since Mar 5, 2021 : 319
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル マインドフルネスが健康寿命延伸化に及ぼす影響に関する費用対効果研究  
カナ マインドフルネス ガ ケンコウ ジュミョウ エンシンカ ニ オヨボス エイキョウ ニ カンスル ヒヨウ タイ コウカ ケンキュウ  
ローマ字 Maindofurunesu ga kenkō jumyō enshinka ni oyobosu eikyō ni kansuru hiyō tai kōka kenkyū  
別タイトル
名前 Effectiveness and cost effectiveness of mindfulness based intervention on the subjective well-being and healthy life expectancy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐渡, 充洋  
カナ サド, ミツヒロ  
ローマ字 Sado, Mitsuhiro  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10317266
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
マインドフルネス認知療法 (MBCT) の健常人の主観的well-beingに対する効果および費用対効果を明らかにするために、健常人50名を無作為に割り付け、介入後の主観的well-beingの変化について評価を行った。その結果、MBCTは、介入開始8週後、16週後のSatisfaction with life scaleを有意に改善させ (Δ= 2.28、p = 0.02) 、介入開始16週後のFlourishing Scaleも有意に改善させることが明らかになった (Δ= 3.56、p = 0.01) 。費用対効果については、ICERの点推定値は、59,247円/SWLS gainedであった。
To determine the effectiveness and cost-effectiveness of mindfulness based cognitive therapy (MBCT) on subjective well-being in healthy subjects, 50 healthy subjects were randomly assigned to either MBCT group or to wait-list control group in order to evaluate changes in subjective well-being after the intervention. The results showed that MBCT significantly improved the Satisfaction with life scale at 8 and 16 weeks after the start of the intervention (Δ = 2.28, p = 0.02) and also significantly improved the Flourishing Scale at 16 weeks after the start of the intervention (Δ = 3.56, p = 0.01). In terms of cost-effectiveness, the ICER point estimate was JPY 59,247 per SWLS gained.
 
目次

 
キーワード
マインドフルネス  

ウェルビーイング  

費用対効果  

医療経済  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2019
課題番号 : 16K08881
研究分野 : 医療経済学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:14  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:14  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (490) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (401)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (394)
4位 認知文法から考え... (379)
5位 M&Aにおける... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (398) 1st
2位 新参ファンと古参... (323)
3位 日本における美容... (281)
4位 新自由主義に抗す... (238)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (232)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース