慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K07426seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K07426seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :948.6 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 175

Total downloads since Mar 5, 2021 : 175
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 脳部位ごとの形態の違いを生み出す細胞構築機構の4D解析  
カナ ノウ ブイ ゴト ノ ケイタイ ノ チガイ オ ウミダス サイボウ コウチク キコウ ノ 4D カイセキ  
ローマ字 Nō bui goto no keitai no chigai o umidasu saibō kōchiku kikō no 4D kaiseki  
別タイトル
名前 4D developmental mechanism for different morphology in each brain region  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 堀田, 耕司  
カナ ホッタ, コウジ  
ローマ字 Hotta, Kōji  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80407147
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
脊椎動物のモデルとなるホヤの神経管形成メカニズム理解のために、神経管が生じていく過程の1細胞レベルイメージングを行い、神経板から神経管が生み出される新たなホヤ神経管形成モデルを提唱した。また、神経管形成過程において神経板期から一部の神経板系譜の細胞においてカルシウムイオン濃度が振動する細胞を発見し、わずか1対の運動神経細胞A10.64であることを突き止めた。この細胞はホヤの遊泳運動を担う重要な細胞であると考えられる。さらに、組織サイズ縮小に伴う各脳領域のスケーリング戦略について理解するために、矮小化尾芽胚の3Dモデリングを行った結果、運動神経節の細胞数、配置は変化しないことがわかった。
In order to understand the mechanism of the neural tube formation in the ascidian, we performed a single-cell level 3D imaging of the process of neural tube development, and proposed a new model of ascidian neural tube formation from tneural plate to neural tube formation. In addition, in the neural tube formation, we found a cell in which calcium ion concentration oscillates in some cells of the neural plate lineage from the neural plate stage, and found that it is only one pair of motor neurons A10.64. This cell is considered to be an important cell responsible for swimming behavior of ascidian. Furthermore, in order to understand the scaling strategy of each brain region accompanying the reduction of tissue size, 3D modeling of dwarf tailbud embryos revealed that the number and arrangement of motor neurons did not change.
 
目次

 
キーワード
管腔形成  

カルシウムイメージング  

運動神経回路  

ホヤ  

スケーリング  

時計遺伝子  

scRNA-seq  

神経管  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2019
課題番号 : 16K07426
研究分野 : 発生生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:13  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:13  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (320) 1st
2位 新自由主義に抗す... (266)
3位 DAOの法的地位と... (258)
4位 個人・組織両面で... (249)
5位 「余白的コミュニ... (232)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3654) 1st
2位 なぜ神が存在する... (645)
3位 気象変化による片... (590)
4位 サイバーセキュリ... (493)
5位 インフルエンサー... (329)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース