慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K03706seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K03706seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :195.4 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 668

Total downloads since Oct 31, 2019 : 668
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 成果主義賃金のインセンティブ効果と労働者の行動経済学的反応  
カナ セイカ シュギ チンギン ノ インセンティブ コウカ ト ロウドウシャ ノ コウドウ ケイザイガクテキ ハンノウ  
ローマ字 Seika shugi chingin no insentibu kōka to rōdōsha no kōdō keizaigakuteki hannō  
別タイトル
名前 Incentive effect of performance-based wage system and worker responses from the viewpoint of behavioral economics  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 太田, 聰一  
カナ オオタ, ソウイチ  
ローマ字 Ōta, Sōichi  
所属 慶應義塾大学・経済学部 (三田) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60262838

名前 斎藤, 隆志  
カナ サイトウ, タカシ  
ローマ字 Saitō, Takashi  
所属 明治学院大学・経済学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60437283

名前 菊谷, 達弥  
カナ キクタニ, タツヤ  
ローマ字 Kikutani, Tatsuya  
所属 京都大学・経済学研究科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80183789

名前 参鍋, 篤司  
カナ サンナベ, アツシ  
ローマ字 Sannabe, Atsushi  
所属 流通経済大学・経済学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70456763

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は、成果主義賃金制度やそれに伴って生じる賃金格差が労働者の満足度に与える影響を定量的に把握することにある。賃金制度が労働者の満足度に与える影響を従来よりも正確に把握するために、コンジョイント分析およびアンカリング・ヴィネット分析の手法を用いることのできるデータを構築した。コンジョイント分析の結果、年収の高い人や、成果主義を適用されている人の方が、賃金格差がやや大きい職場を好む傾向があることがわかった。
The purpose of this study is to empirically examine the effects of the performance-based wage system and resulting wage gaps on workers' satisfaction. In order to analyze the impact of the wage system on workers' satisfaction more accurately than the existing literature, we collected data on individuals to which the methods of conjoint analysis and anchoring vignette analysis can be applied. The conjoint analysis using this data shows that those who have high annual income and those who are applied performance-based wage system tend to prefer a workplace where the wage gap is rather large.
 
目次

 
キーワード
成果主義賃金  

コンジョイント分析  

インセンティブ効果  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K03706
研究分野 : 労働経済学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:00:47  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:47  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース