慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K00338seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K00338seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :714.9 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 180

Total downloads since Mar 5, 2021 : 180
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 視覚・言語情報を統合処理するニューラルネットワークに関する研究  
カナ シカク・ゲンゴ ジョウホウ オ トウゴウ ショリスル ニューラル ネットワーク ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Shikaku gengo jōhō o tōgō shorisuru nyūraru nettowāku ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Study on neural network for integrated processing of visual and linguistic information  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 萩原, 将文  
カナ ハギワラ, マサフミ  
ローマ字 Hagiwara, Masafumi  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80198655
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
視覚情報と言語情報の統合的な処理機構の開発と、入力画像からの常識の自動獲得に関しては、画像を感性豊かに説明するキャプション自動生成システムの構築を行った。本システムは、物体の感性語を推定する際、画像特徴だけでなく物体の名詞情報も活用している。また表現力の高い感性語を生成するための感性語変換機構も有している。
自然言語を生成できるニューラルネットワークの開発に関しては、文脈を考慮した会話文の自動生成が可能な対話システムの構築を行った。さらにこれを、共感と助言に着目した自動相談システムへ発展させた。
Regarding the development of integrated processing of visual information and linguistic information and the automatic acquisition of common sense from the input image, an automatic caption generation system is constructed. It can explain an image richly. The system utilizes not only the image features but also the noun information of the object when estimating the affective words of the object. It also has an affective word conversion mechanism to generate expressive words.
Concerning the development of neural networks that can generate natural language, we have constructed an automatic conversation system that can automatically generate conversational sentences considering the context. Furthermore, this was developed into an automatic consultation system focusing on empathy and advice.
 
目次

 
キーワード
視覚情報処理  

言語情報処理  

ニューラルネットワーク  

感性情報  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2019
課題番号 : 16K00338
研究分野 : ニューラルネットワーク
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:12  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:12  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (854) 1st
2位 新自由主義に抗す... (708)
3位 グラウンデッド・... (507)
4位 ドイツのSNS対策... (501)
5位 なぜ日本ユニテリ... (480)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2162) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1572)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース