慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16H04195seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16H04195seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :453.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 304

Total downloads since Oct 31, 2019 : 304
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 光制御可能な超伝導ナノ微粒子の創製  
カナ ヒカリ セイギョ カノウナ チョウデンドウ ナノ ビリュウシ ノ ソウセイ  
ローマ字 Hikari seigyo kanōna chōdendō nano biryūshi no sōsei  
別タイトル
名前 Design of photo-controllable superconductive nanoparticles  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 栄長, 泰明  
カナ エイナガ, ヤスアキ  
ローマ字 Einaga, Yasuaki  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00322066
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
磁性、超伝導等の物理化学的物性は、物質の界面での外場により制御できる可能性がある。研究代表者は、それまでに、可逆な光異性化を示すフォトクロミック化合物を磁性材料の界面に効果的に修飾することで、可逆な磁性の光制御を達成してきた。本研究では、この考え方を拡張し、より大きな変化の期待できるスピロピラン化合物を設計、合成し、FePtナノ粒子界面に修飾することで、室温強磁性をとても大きく可逆に制御することに成功した。さらに、アゾベンゼン化合物をスピンエレクトロニクス素子界面に修飾した新しい化合物を創製し、紫外光、可視光照射によって可逆にそのスピン軌道相互作用を制御することにも成功した。
We report preparation of a photoswitchable room-temperature ferromagnetic material using FePt nanoparti-cles protected with a photochromic spiropyran ligand. It showed room-temperature ferromagnetism and reversible switching of magnetization by 60% upon photochromic reaction of the spiropyran ligand. This gigantic pho-tomagnetic effect is explained as spiropyran's large change in the dipole moment during photochromic reaction that tunes the magnitude of electron transfer at the interface. Furthermore, we demonstrate that magnetoresistance and voltage generation originating from the spin-charge conversion in metallic heterostructures can be manipulated by decorating the surface with selfassembled organic monolayers through the cooperative molecular field effect. We also demonstrate reversible phototuning of the spin-charge conversion through light-driven molecular transformations using a molecule that can photoisomerize between the trans and cis states.
 
目次

 
キーワード
フォトクロミック材料  

光制御  

界面  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16H04195
研究分野 : 機能材料化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:01:01  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (549) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (454)
3位 新自由主義に抗す... (369)
4位 石垣島の「エコツ... (269)
5位 ガールクラッシュ... (263)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (765) 1st
2位 酢酸エステル類の... (541)
3位 アルコール発酵の... (499)
4位 インフルエンサー... (487)
5位 アーカイヴと思考... (412)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース