慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15KK0244seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15KK0244seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :333.7 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 200

Total downloads since Nov 12, 2018 : 200
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 異種のポリマ-ポリマ複合化を実現する新しい1次元分散型異方性複合材料の創製(国際共同研究強化)  
カナ イシュ ノ ポリマ-ポリマ フクゴウカ オ ジツゲンスル アタラシイ 1ジゲン ブンサンガタ イホウセイ フクゴウ ザイリョウ ノ ソウセイ (コクサイ キョウドウ ケンキュウ キョウカ)  
ローマ字 Ishu no porima-porima fukugōka o jitsugensuru atarashii 1jigen bunsangata ihousei fukugō zairyō no sōsei (kokusai kyōdō kenkyū kyōka)  
別タイトル
名前 A new anisotropic nanofiber/polymer composite made of different polymers for the AB-different polymer blending (Fostering Joint International Research)  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 堀田, 篤  
カナ ホッタ, アツシ  
ローマ字 Hotta, Atsushi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30407142

名前 Fredrickson, Glenn  
カナ  
ローマ字  
所属 Professor, University of California, Santa Barbara, Materials Research Laboratory  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 研究代表者が基盤研究Aで実験的に実現しようとしているポリマナノ複合材料の研究をおし進め, 新規物性を有する複合材料を効率的に創り出すことを目的としている。特に本研究では, 材料どうしの機械的な複合と化学的な相溶という2種類のスケールの違う複合化に着目し, その2点を融合し, 機械的複合化で生じた界面エラー(低接着, ボイド)等のボトムアップ対策を研究してきた。具体的には, 化学的な相溶性を考慮し, 母材に近いポリマ分散材を複合化させる自己強化型複合材料に着目することで, 界面空隙のほとんどないポリ乳酸ベースのポリマ複合材料を作製できるようになった。
The purpose of this research project is to establish an effective method to fabricate ideal polymeric nanocomposite materials. In this research, we have particularly tried to solve possible interfacial errors of the nanocomposites, such as low adhesion and micro-voids observed between the matrix and the one-dimensional reinforcement nanofibers. As a result, by carefully considering the compatibility between the matrix and the nanofibers, we could fabricate a polylactide(PLA)-based self-reinforced nanocomposite, where stereo-complex PLA nanofibers were successfully compounded into the PLA matrix. It was found that the thermo-mechanical properties of the new PLA composites have been significantly enhanced. It was therefore concluded that we could experimentally realize a polymeric nanocomposite with almost no interfacial gap between the matrix and the nanofibers. We will further conduct our research on such new composites especially consisting of different types of polymers.
 
目次

 
キーワード
複合材料  

コンポジット  

ファイバー  

エレクトロスピニング  

ポリマー  

ナノテクノロジー  

高分子物理  
NDC
 
注記
研究種目 : 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 15KK0244
研究分野 : 材料学・ソフトマテリアル・複合材料
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:23:57  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:57  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 簿記の語源につい... (316) 1st
2位 読むことの秘密 :... (259)
3位 個人・組織両面で... (248)
4位 新自由主義に抗す... (239)
5位 DAOの法的地位と... (212)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (4331) 1st
2位 なぜ神が存在する... (742)
3位 サイバーセキュリ... (502)
4位 アセトアニリドの... (408)
5位 インフルエンサー... (404)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース