慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K19348seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K19348seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :91.0 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 330

Total downloads since Jul 30, 2019 : 330
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 過酸化水素シグナルに着目した、脂肪性肝疾患の新規病態機序・治療法の解明  
カナ カサンカ スイソ シグナル ニ チャクモクシタ, シボウセイ カンシッカン ノ シンキ ビョウタイ キジョ・チリョウホウ ノ カイメイ  
ローマ字 Kasanka suiso shigunaru ni chakumokushita, shibōsei kanshikkan no shinki byōtai kijo chiryōhō no kaimei  
別タイトル
名前 The role of oxidative stress for progression of fatty liver disease  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 寺谷, 俊昭  
カナ テラタニ, トシアキ  
ローマ字 Teratani, Toshiaki  
所属 慶應義塾大学・医学部・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40624408

名前 清水, 孝彦  
カナ シミズ, タカヒコ  
ローマ字 Shimizu, Takahiko  
所属 千葉大学・医学部・特任准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
非アルコール性脂肪肝炎(Nonalcoholic steatohepatitis : NASH)は, 肝臓内に脂質蓄積, 炎症, 加えて線維化を呈する疾患である。NASH病態進展に, 肥満・インスリン抵抗性・高血圧・脂質異常症などの背景因子が関与する。酸化ストレスは, NASH病態形成のセカンドヒットとして考えられているが, 脂肪肝病態形成における役割は不明であった。野生型マウスに比べSOD欠損マウスで, 肝臓への脂質沈着が減少した。酸化ストレスが脂肪肝病態形成に深く関与することが示唆された。
Nonalcoholic steatohepatitis (NASH) is the more severe form of nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD). NASH is pathologically characterized by fat accumulation, inflammation and fibrosis in liver. Metabolic factors such as obesity, insulin resistance, hypertension and dyslipidemia are involved in the progression in NAFLD. Although Oxidative stress is considered as a second hit of NASH pathogenesis, its role in progression of NAFLD was unknown. Hepatic lipid accumulation was reduced in SOD-deficient mice compared to wild type mice. It is suggested that oxidative stress is involved in NAFLD pathogenesis.
 
目次

 
キーワード
肝臓  

脂肪肝  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K19348
研究分野 : 消化器内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 16:53:09  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Jul 30, 2019    著者 著者ID,出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(to:yyyy),著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (324) 1st
2位 新自由主義に抗す... (266)
3位 DAOの法的地位と... (237)
4位 個人・組織両面で... (222)
5位 「余白的コミュニ... (208)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 戦時期マラヤ・シ... (476) 1st
2位 Le nô Kinuta, l... (421)
3位 江藤名保子君学位... (344)
4位 ビルマ戦線と憲兵... (342)
5位 軍事組織における... (305)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース