慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K15952seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K15952seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :91.9 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 200

Total downloads since Mar 5, 2021 : 200
 
タイトル
タイトル 応答曲面法に関する統計学的研究  
カナ オウトウ キョクメンホウ ニ カンスル トウケイガクテキ ケンキュウ  
ローマ字 Ōtō kyokumenhō ni kansuru tōkeigakuteki kenkyū  
別タイトル
名前 A study on statistical response surface methodology  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松浦, 峻  
カナ マツウラ, シュン  
ローマ字 Matsuura, Shun  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70583368
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
応答曲面法は,製品特性や品質特性 (応答) と,(複数の) 設計因子の値との関係について,実験計画法によって (主に) 2次曲面の式を推定し,応答の予測や最適化を行う統計理論・手法の体系である.応答曲面法で用いられる実験計画は応答曲面計画,応答と設計因子間の関係式は応答曲面式と呼ばれる.本研究では,推定する応答曲面式のパラメータ数が実験回数より多い過飽和応答曲面計画における変数選択法,応答が複数あり互いに相関を持つときの応答曲面式の同時推定,欠測データが生じた場合の応答曲面式の予測精度の評価,を中心に応答曲面法に関連する統計学的手法・多変量解析手法の提案と発展を行った.
Response surface methodology is composed of statistical theories and methods for estimating a functional relationship of (mainly) a second-order model between a product or quality characteristic (response) and the values of factors by the design of experiments and conducting prediction and optimization of the response. Experimental designs used in response surface methodology are called response surface designs and a functional relationship between the response and the factors is called a response surface model. In this research, statistical methods and multivariate analysis in response surface methodology were proposed and developed, such as variable selection methods for supersaturated response surface designs with more estimated parameters than experimental runs, simultaneous estimation of response surface models for multivariate responses having correlations, and evaluation of the prediction variance of the estimated response surface model with missing data.
 
目次

 
キーワード
応答曲面法  

実験計画法  

中心複合計画  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究 (B)
研究期間 : 2015~2019
課題番号 : 15K15952
研究分野 : 統計科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:09  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース