慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K12034seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K12034seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :616.0 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 766

Total downloads since Sep 21, 2017 : 766
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル トリックアート原理に基づく簡易マルチディスプレイ3次元映像表示環境の開発  
カナ トリック アート ゲンリ ニ モトズク カンイ マルチディスプレイ 3ジゲン エイゾウ ヒョウジ カンキョウ ノ カイハツ  
ローマ字 Torikku ato genri ni motozuku kani maruchidisupurei 3jigen eizo hyoji kankyo no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of a simple stereoscopic display system with multiple monitors based on a trick art principle  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 藤代, 一成  
カナ フジシロ, イッセイ  
ローマ字 Fujishiro, Issei  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00181347

名前 茅, 暁陽  
カナ  
ローマ字 Mao, Xiaoyang  
所属 山梨大学・総合研究部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20283195
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では,標準な投影型ディスプレイを効果的に利用し, 安価ながら立体視表示を可能にするディスプレイシステムを提案すした。複数枚の汎用ディスプレイを直交配置したL字型の表示空間内で, 陰影を中心とした心理的な奥行き知覚要因および運動視差によって, 一般的な2Dグラフィックスと同等の解像度と明度をもつ, 個人向けの裸眼立体映像を手軽に生成する。アナモルフォーシスの原理に従い, ユーザ視点から見た3次元オブジェクトを, 直交配置された複数枚のディスプレイ上に射影変換し, ウェブカメラから取得したユーザ視点の移動に応じて更新する。視線追跡によるユーザ評価を行い, 本提案手法の有効性を実証した。
In this research, we reexamined more effective use of projective display hardware to propose a cost-effective stereoscopic display system. A novel method relying primarily on psychological factors of depth perception, mainly through shadowing & shading and motion parallax, was presented to easily generate high-resolution and bright enough 3D images, which are perceivable with the naked eyes of a personnel only with orthogonally-arranged multiple general-purpose display monitors. The system builds upon the principle of anamorphosis to render the partial images of an input object projected to each of the display monitors, and updates the displayed image fragments in real time according as the position of the user's eyes captured by a webcamera. The effectiveness of the proposed method was verified through user evaluation experiments with eye-tracking facility.
 
目次

 
キーワード
立体視  

3次元錯視  

アナモルフォーシス  

視線追跡  

没入感  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2015~2016
課題番号 : 15K12034
研究分野 : 知的環境メディア
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:52  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (612)
3位 ドイツのSNS対策... (435)
4位 グラウンデッド・... (434)
5位 なぜ日本ユニテリ... (420)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (2614) 1st
2位 Research on elec... (2162)
3位 新たなかたちのひ... (2010)
4位 Linguistic encod... (1974)
5位 経営者が語るアン... (1781)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース