慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K11221seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K11221seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :168.6 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 169

Total downloads since Nov 12, 2018 : 169
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ゼノフリー治療用ヒトiPS細胞による霊長類歯周組織再生療法への展開  
カナ ゼノフリー チリョウヨウ ヒト iPS サイボウ ニ ヨル レイチョウルイ シシュウ ソシキ サイセイ リョウホウ エノ テンカイ  
ローマ字 Zenofurī chiryōyō hito iPS saibō ni yoru reichōrui shishū soshiki saisei ryōhō eno tenkai  
別タイトル
名前 Development for primate periodontal tissue regenerative therapy by human iPS cells for xeno-free system  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中川, 種昭  
カナ ナカガワ, タネアキ  
ローマ字 Nakagawa, Taneaki  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00227745

名前 森川, 暁  
カナ モリカワ, サトル  
ローマ字 Morikawa, Satoru  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00424169
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究ではフィーダーフリー・ゼノフリーiPS培養法から, 歯周組織の起源である神経堤細胞への誘導を実現させた。マウスの歯根膜組織には神経堤細胞が存在し, その一部は間葉系幹細胞マーカーであるPDGFRαやCD44が発現していることを確認した。そのため神経堤由来間葉系幹細胞は歯周組織再生療法の有力な細胞供給源になる可能性が示唆された。これらの細胞を実際の歯周病モデルマウスに移植するべく, その疾患モデルマウスの作製とその評価を行った。マウスの大臼歯に絹糸を結紮することで骨破壊を誘導するというきわめて臨床の歯周病に近い歯周病誘発モデルの再現実験を行い, その技術的再現性を確認し移植実験の準備をしている。
In this study, we realized the induction of neural crest cells, which was feeder-free, xeno-free iPS culture method. It was confirmed that neural crest cells existed in the periodontal ligament tissue of the mouse and some of them expressed PDGFRα and CD44 which are mesenchymal stem cell markers. This suggested that neural crest derived mesenchymal stem cells may be a potential source of cells for periodontal tissue regeneration therapy. In order to transplant these cells into real periodontal disease model mice, the disease model mice were prepared and evaluated. Periodontal disease induction model induced bone destruction by ligating 5-0 silk thread to mouse molar tooth. To confirm the technical reproducibility. Now, we have been preparing for transplantation.
 
目次

 
キーワード
歯周組織再生  

神経堤細胞  

間葉系幹細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K11221
研究分野 : 歯周病学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:23:53  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:53  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (422) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (420)
3位 ネットワークにつ... (406)
4位 実践的推論の合理... (403)
5位 攻撃衝動の体系的... (347)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1555) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (845)
3位 独ソ不可侵条約と... (633)
4位 ドイツのSNS対策... (584)
5位 アセトアニリドの... (497)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース