慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K09724seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K09724seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :463.8 KB
Last updated :Aug 28, 2019
Downloads : 191

Total downloads since Aug 28, 2019 : 191
 
タイトル
タイトル 脳性麻痺に対する自己羊水細胞由来幹細胞治療の開発  
カナ ノウセイ マヒ ニ タイスル ジコ ヨウスイ サイボウ ユライ カンサイボウ チリョウ ノ カイハツ  
ローマ字 Nōsei mahi ni taisuru jiko yōsui saibō yurai kansaibō chiryō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of stem cell therapy derived from autologous amniotic fluid cells for cerebral palsy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 落合, 大吾  
カナ オチアイ, ダイゴ  
ローマ字 Ochiai, Daigo  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80348713

名前 田中, 守  
カナ タナカ, マモル  
ローマ字 Tanaka, Mamoru  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20207145
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
低酸素虚血性脳症(HIE)は, 脳性麻痺の主要因である。今回は,新生仔HIEモデルマウスを用いて,ヒト羊水幹細胞(hAFS) 投与の治療効果を検討した。ヒト羊水中CD117陽性細胞をhAFSとして分離した。生後9日目(P9)にマウスの右総頸動脈を結紮し, 8%酸素に30分間曝露させてHIEモデルを作成した。P19に治療群にはhAFSを, 非治療群にはPBSを鼻腔内投与した。P30に運動機能試験を実施し, 脳を組織標本として評価した。hAFS投与は, HIEモデルマウスの脳実質を回復し運動障害を軽減した。hAFS投与は, HIE慢性期の新規治療となる可能性が示唆された。
Hypoxic-ischemic encephalopathy (HIE) remains a major cause of cerebral palsy. However, the efficacy of human amniotic fluid stem cells (hAFS) for HIE, especially in the chronic phase, remains unclear. The aim of this study was to determine the effect of hAFS on the chronic phase of HIE.
hAFS were isolated from AF cells as CD117+ cells. Hypoxia-Ischemia (HI) was induced in mice at postnatal day 9 (P9). Animals intranasally received hAFS or PBS at P19 and were harvested for histological analysis after functional tests at P30. hAFS improved sensorimotor deficits in HIE by brain restoration followed by migration to the lesion. These results suggest that hAFS administration could be a novel treatment for HIE, especially in the chronic phase.
 
目次

 
キーワード
羊水  

脳性麻痺  

幹細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K09724
研究分野 : 再生医療
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 28, 2019 13:26:26  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:20  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Aug 28, 2019    出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(to:yyyy),日付 作成日(yyyy-mm-dd),著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース