慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K08596seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K08596seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :570.7 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 404

Total downloads since Nov 12, 2018 : 404
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 薬物-飲食物間相互作用の強度に個人差をもたらす遺伝的要因の解明  
カナ ヤクブツ-インショクブツカン ソウゴ サヨウ ノ キョウド ニ コジンサ オ モタラス イデンテキ ヨウイン ノ カイメイ  
ローマ字 Yakubutsu-inshokubutsukan sōgo sayō no kyōdo ni kojinsa o motarasu identeki yōin no kaimei  
別タイトル
名前 Quantitative analysis of the factors that confer inter-individual variation of the extent of beverage-drug interactions  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大谷, 壽一  
カナ オオタニ, ヒサカズ  
ローマ字 Otani, Hisakazu  
所属 慶應義塾大学・薬学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70262029

名前 秋好, 健志  
カナ アキヨシ, タケシ  
ローマ字 Akiyoshi, Takeshi  
所属 慶應義塾大学・薬学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50399143

名前 今岡, 鮎子  
カナ イマオカ, アユコ  
ローマ字 Imaoka, Ayuko  
所属 慶應義塾大学・薬学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10710957
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
薬物代謝酵素CYP3A4の遺伝的variantsを用いた検討から, 阻害剤の阻害特性に対して遺伝的変異がもたらす影響は, 阻害剤の種類や, 評価に用いる基質によって異なることが明らかとなった。また, CYP2C9やCYP2C19を用いた検討からは, 飲食物に含まれるさまざまな阻害剤の阻害様式は, CYP3A4, 2C9, 2C19といったisoform間で様々であり, 臨床的に寄与する阻害特性を考慮に入れた検討が必要であることがわかった。
薬物トランスポータOATP1A2およびOATP2B1を用いた検討から, グレープフルーツジュース中に新規の阻害成分が含まれる可能性を見出した。
The influences of genetic variation of CYP3A4 on the inhibitory kinetics of its inhibitors varied among the inhibitors and affected by the probe substrate used. The inhibitor manners (patterns) of metabolic inhibitors contained in fruit juice are different among CYP isoforms, i.e. CYP3A4, 2C9 and 2C19. The research should be focused upon the mode of inhibition that is clinically most relevant.
Using newly developed cell lines stably expressing a transporter OATP1A2 or OATP2B1, some unidentified inhibitory ingredient(s) for these transporters are considered to be contained in some fractions of grapefruit juice.
 
目次

 
キーワード
薬物相互作用  

薬物代謝酵素  

薬物トランスポータ  

代謝阻害  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K08596
研究分野 : 臨床薬物動態学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:18  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:18  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 簿記の語源につい... (316) 1st
2位 読むことの秘密 :... (259)
3位 個人・組織両面で... (248)
4位 新自由主義に抗す... (239)
5位 DAOの法的地位と... (212)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (4331) 1st
2位 なぜ神が存在する... (742)
3位 サイバーセキュリ... (502)
4位 アセトアニリドの... (408)
5位 インフルエンサー... (404)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース